PR




[PR]ランサーズ

SEO

Googleがドメインリースのペナルティを開始!

投稿日:

売上が悪いと・・

Googleがドメインリースのペナルティを開始!

Google、ドメインリースのペナルティを開始

【Google翻訳】
Google、ドメインリースのペナルティを開始

Googleは、独自のサブドメインとサブフォルダーをリースするサイトに関する警告を発行し、他の企業がリースされたドメインでコンテンツをより適切にランク付けできるようにしました。 さて、今、Googleはこれらのセクションをリースしているサイトのそれらのセクションを罰することによって行動を起こしているようです。

Glenn Gabeは、Twitterストリームでヒットするサイトの例を投稿しました。

OK、クイックアップデート。 EU *および*米国のサイトが影響を受けています。 天気予報サイトのクーポンセクションが大幅に低下していることに気づきました。 Googleはdefです。 ドメインリースに対する姿勢をバックアップします。

Googleはドメインリースに関する警告を支持したようです。 いくつかのサイトが(リースされているセクションのために)ドロップし始めました。 これがまだ米国に来ているかどうかはわかりません。 これらのドロップは主に米国外です... h / t

Googleは、リースされたサブドメインとサブフォルダーでサードパーティのコンテンツを検出するための改善を展開し始めていますか?

数時間前にこれらのスクリーンショットを受け取りました。

ただし、影響を受けるのは1人のオペレーターのみであるため、私の推測では「まだ」ではなく、よりターゲットを絞ったアクションです。

Googleは、サブフォルダーに配置された無関係なサードパーティのコンテンツを検出する改善を展開し始めたようです。

サブドメインはこれまでのところ影響を受けていないようです。

これにより、サブドメインを使用するオペレーターが、訪問者の(一時的な)増加を見ると、わずかに逆効果になります。

以下に例を示します。

だから、メインのサイトはヒットしていませんが、それらのサイトのリースされた部分はヒットしています。

SEOコンサルタントのまとめ

先日、Googleは「サブドメインまたはサブフォルダーを他のユーザーに使用させないようにすることをお勧めします」と言っていました。

Google「サブドメインまたはサブフォルダーを他のユーザーに使用させないようにすることをお勧めします」

■Google Webmasters(@googlewmc)
https://twitter.com/googlewmc/
サードパーティは、サブドメインまたは他のドメインのサブフォルダでコンテンツをホストできるかどうかを尋ねられました。 ガイドラインに違反していません。 しかし、慣行が拡大するにつれて、そのようなコンテンツがメインサイトから独立しており、それに応じて処理するタイミングをよりよく知るために、システムが改善されています。


全体として、メインサイトの一部であるかのようにコンテンツを表示するサブドメインまたはサブフォルダーを、他のユーザーに使用させないようにすることをお勧めします。

それからすぐにペナルティを開始させたようです。ドメインの貸し借りはやめましょう!

ドメイン関連記事

Google「ドメインエイジは役に立たない」「コンテンツが自動的に良くなるわけでは無い」
■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏 「ドメインエイジは信頼値を得るのを助けるだけです、それはランキングの200以上のシグナルからのシグナルの一つかもしれません。」 ↓ 『いいえ、ドメインエイジは役に立ちません。』 それから彼はそれが新しいドメイン名が利益をもたらすと言うのも間違っていると言いました: ■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏 「ドメインの年齢は何も意味しないかもしれませんが、質の高いコンテンツとUXを備えた優れたページの年齢は、あなたが駄目を許すなら有機的に行います。 それはおそらく301希釈なしでもっと多くのバックリンクなどを吸収したでしょう。 しかし、相関は因果関係と同じではありません。」
中古ドメインのパワーは都市伝説!?
■Google金谷氏 「中古ドメインのパワー」 と思われているものが、上手くいった時に「中古ドメインのパワー」と感じる。 たぶん投資をされて取得したドメインなので「効いた~」 と思う方が多いのではないかと。それが都市伝説のように広まってしまったのかなと思います。
Googleのペナルティを回避するために新しいドメインに移動すると機能しない可能性がある
グーグルのジョン・ミューラーは、「サイトは同じであるため、グーグルはそれらを同じように扱い、結合された信号の標準を選択します。あなたがそれを見るために必ずしも301を行う必要はありません。 サイトの移転。」
Googleがドメインリースのペナルティを開始!
Googleは、独自のサブドメインとサブフォルダーをリースするサイトに関する警告を発行し、他の企業がリースされたドメインでコンテンツをより適切にランク付けできるようにしました。 さて、今、Googleはこれらのセクションをリースしているサイトのそれらのセクションを罰することによって行動を起こしているようです。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.