PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

「ダイナミックレンダリングのタイムアウトを許可しない」…ダイナミックレンダリングとは?

投稿日:2019年6月18日 更新日:

SEO漫画3話-010

【SEO】「ダイナミックレンダリングのタイムアウトを許可しない」…ダイナミックレンダリングとは?

ダイナミックレンダリングについて。

Google:動的レンダリングのタイムアウトを許可しない

Google: Don't Let Your Dynamic Rendering Timeout[Search Engine Roundtable]
【Google翻訳】

Google:動的レンダリングのタイムアウトを許可しない

Googleは、1年以上前から、Googleが一部のJavaScriptページのコンテンツにインデックスを付けるためのオプションとして、動的レンダリングについて説明してきました。何人かがそれを試していて、一人の人が問題を抱えていると言いました。

開発者はTwitterで次のように書いています。「YouTubeであなたのすべてのビデオをフォローしています。素晴らしいのです。私のサイトの1つに動的レンダリングを実装しました。完全に、これはSEOに影響しませんか?」

グーグルのMartin Splittは、「あなたの設定が応答するのに時間がかかりすぎると、Googlebotがタイムアウトするかもしれない。それはあなたのページに影響を与えるので、あなたは潜在的なキャッシングオプションを注意深く調べたいと思う」と答えた。

真実は、Googleがロードするのにあまりにも長い時間がかかるどんなコンテンツまたはページも潜在的にそれらのページが検索でうまくいっていないことにつながることができるということです。そのため、このアドバイスはJavaScriptや動的レンダリングだけではなく、全面的に行うべきです。

ここにそれらのつぶやきがあります:

「私は自分のサイトの1つに動的レンダリングを実装しました。Botでは、SPAが完全にレンダリングされるのを待っているので、サーバーの応答時間が大幅に長くなりました。 SEOに影響を与える?」

『それは良い質問です。 セットアップの応答に時間がかかりすぎると、Googlebotがタイムアウトすることがあります。 それはあなたのページに影響を与えるので、あなたは潜在的なキャッシュオプションを注意深く調べたいと思います。』

ダイナミックレンダリングとは

ダイナミックレンダリングとは、グーグルが将来的に導入を進めているクローラーの新しい機能です。 JavaScriptフレームワークなどを使用して作られた動的なページをクロールして、サーバサイドでレンダリングされるデータと、クライアントサイドでレンダリングされるデータをそれぞれ索引付けに利用するというものです。
(google ダイナミックレンダリングと将来のSEO - SEO NOTE より )

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述