PR




[PR]ランサーズ

SEO

重複コンテンツ⇒「低品質ではない」「独自コンテンツの追加必要」

投稿日:2017年8月9日 更新日:

2-4

Google の John Mueller(ジョン・ミューラー)氏が重複コンテンツについてコメントしました。

重複コンテンツそのものは低品質を意味しないが、独自で価値あるコンテンツの追加が必須[海外SEO情報ブログ]

重複コンテンツそのものが、サイトが低品質であることを意味するわけではない。
だが、多くのコンテンツを再利用しているサイトは質がかなり低い傾向にあるのはよくあることだ。なぜなら、独自のものが何もないし、そのサイト自身で惹きつけるものも持っていないからだ。
ウェブサイトの運営について私たちが普段言っていることにも共通しているが、ウェブサイトはそれ自身で際立つことができていなければならない。
コンテンツがどこかほかでも公開されているかどうかにかかわらず、絶対にそのサイトでコンテンツを見たいとユーザーが望んで訪問するようなものだ。
つまりそれは、ほかでも公開されている同じコンテンツに加えて、独自で価値があるものを追加して提供していることを意味している。

(海外SEO情報ブログ より引用)

▼重複コンテンツ=低品質ではない、と解釈できますが、実際に記事のコピペなどは重複として検索閣下で省略されたりしてしまうので、そこまでのことを言っているわけではなく、
おそらく「商品情報」などのような重複コンテンツの場合の事を指しているのだと解釈しました。
ECサイトなどで同じ商品を扱ったサイトを複数運営する時は、商品説明やコラムなどの独自のものを別々の作成する事が必要です。
そしてこの記事では、それに加えて「価値」が必要だと言っています。
つまり、

【商品などのコンテンツが重複する時のSEO】

1:独自のコンテンツ(オリジナルテキスト)を追加する。
2:ただ追加するのではなく、価値のあるものでなければならない

という事です。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO
-,

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2019 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述