PR




[PR]ランサーズ

SEO

GoogleSearchConsoleでは、Googleアシスタントが読んだおすすめのスニペットのデータは表示されません

投稿日:

GoogleSearchConsoleでは、Googleアシスタントが読んだおすすめのスニペットのデータは表示されません

GoogleSearchConsoleでは、Googleアシスタントが読んだおすすめのスニペットのデータは表示されません

【Google翻訳】
GoogleSearchConsoleでは、Googleアシスタントが読んだおすすめのスニペットのデータは表示されません

#AskGoogleWebmastersの2回目のエピソードでは、John MuellerがGSCの音声検索の微妙な違いについて説明しました。

Google検索コンソールで、音声検索で入力されたクエリと入力されたクエリを区別する方法がないことを既に知っているかもしれませんが、音声検索からのデータがまったくキャプチャされないことをご存知でしたか?

#AskGoogleWebmastersの2回目のエピソードでは、Webmaster TrendsアナリストのJohn Muellerが、Google Assistantを介して行われた音声検索はGoogle検索コンソールに表示されないことを説明しました。

Googleアシスタントでの音声検索と音声検索の比較

このエピソードの冒頭で、Muellerは、音声による検索には複数の方法があると指摘しました。 マイクのアイコンをタップすると、音声をキーボードとして使用できます。これは、通常のWeb検索と同じです。 「モバイルキーボードをスワイプして入力したクエリが表示されるのと同じように、これらのクエリは既に他のすべてのクエリと同じ方法でSearch Consoleにログインしています」とMueller氏は言います。

「Googleアシスタントを使用して、ページからのテキストの断片で回答する質問をすると、少し異なります」とMueller氏は説明します。Googleホームユニットの画像が画面に表示されたためです。 「このような場合、ユーザーがこれらのページに簡単にアクセスできるように、ページのURLをユーザーの携帯電話に送信します。 しかしながら 。 。 。 これらのクエリに対するスニペットの印象。 。 。 現在は検索コンソールにログインしていません。」

なぜ私たちは気にするべきですか。

モバイルまたはデスクトップのブラウザで注目のスニペットを表示しているユーザーは、サイト運営者の検索コンソールに表示されます。 一方、Googleアシスタントが読み上げたスニペットは表示回数としてカウントされません。

ユーザーがアシスタントを介して検索すると、ユーザーのモバイルデバイスにURLが送信されますが、探している答えがすでに提供されているため、ユーザーはクリックスルーしたくない場合があります。

これは、潜在的な顧客やクライアントがあなたのコンテンツを見つけるために使用している用語に対するクエリ、クエリの量、そして可視性を見逃していることを意味するかもしれません。 音声が検索を行うためのより一般的な方法になると、これはより多くのサイト所有者に影響を与える可能性があります。

SEOコンサルタントのまとめ

Googleアシスタントで読まれたのは表示回数に入らない。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.