PR




[PR]ランサーズ

歯科SEO

【歯科SEO】口コミサイトで不自然な歯医者の評価の見分け方

投稿日:

【歯科SEO】口コミサイトで不自然な歯医者の評価の見分け方

口コミサイトでの歯医者選び 不自然な評価の見分け方

「ネット予約対応で、土日も受診できる。家からも近い。決め手は、どのサイトでも評判が良くて、悪い口コミがなかったことです。でも、たった1回の治療で、悪くもない7本の歯を削られてしまいました」
 こう語るのは、必要もなく歯を勝手に削った傷害容疑で、今年1月に逮捕された歯医者(中国地方で開業)の元患者。この事件では、警察に約90件の被害相談が寄せられた。
 問題の歯医者は、5月から始まった公判で「正当な治療行為」として無罪を主張しているが、地元の歯科関係者の間では、患者とのトラブルが多いことで有名だった。診療報酬の不正行為などで保険医の登録も取り消されている。

第一に、評価の大半が最高の「★5つ」で占められていること。トラブルが頻発していた事実を考えると、違和感がある。

 第二に、投稿が肯定的な内容ばかりで、次のような抽象的で無難な表現で埋め尽くされていること。

「先生が明るい」「優しかった」「親切」「丁寧」──本物の口コミには、体験した者にしか書けない具体的なエピソードや、“秘密の暴露”があるものだが、それが何もない。

 第三に、投稿が一定の時期に集中していること。この歯医者の場合、去年3月の2週間内で4件の投稿があり、うち2件は同一日。他の投稿は約1年前だから、不自然さが際立つ。この口コミサイトを対象にした、バイト募集の実態も確認している。

 実は、歯科関係者にとって「口コミ」が“捏造”されているのは公然の秘密。大半の口コミサイトは、予約システムと連動しており、運営会社が営業の際に“契約料に口コミが含まれる”と堂々と言っているのだ。

 筆者はある歯医者の取材中にやってきた営業担当のそうした“セールストーク”を直接聞いたこともある。システムによっては、サイトを通じて予約した患者1人につき2000~3000の手数料を歯科医院から徴収している。

辻正浩氏

■辻正浩氏(@tsuj)

週刊ポストでもこの地図サービスの偽装口コミの件が。いよいよ本当に注目されだした。

SEOコンサルタントのまとめ

歯科は競争が激しいですし、SEOをしている歯科医院も多いです。また、EPARK歯科のようなサイトが上位を独占したり、マイビジネスでの問題も発生しています。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-歯科SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.