PR




[PR]ランサーズ

SEO

AMPページで「サッカー」「フットボール」を地域別に切替え!/フットサル漫画

投稿日:

フットガル!

AMPページで「サッカー」「フットボール」を地域別に切替え!/フットサル漫画

AMPページで「サッカー」「フットボール」を地域別に切替えできるそうです。

AMPページで、米国ユーザーには「サッカー」、英国ユーザーには「フットボール」を使うパーソナライズ!?

ユーザーの物理的な現在地に応じてコンテンツの一部を変化させることがAMPページで可能になった。

異なる国に対してページ全体を変えるのであれば hreflang 属性で対応できる。しかしコンテンツの一部だけを変えたい場合にはhreflangは適していない。

新しいamp-geoコンポーネントを使うと、同じ記事ページ内の言葉の表現を、たとえば次のように切り替えられるようになる。

米国からアクセスしたユーザーには"Soccer"(サッカー)という言葉を表示

英国からアクセスしたユーザーには"Football"(フットボール)をいう言葉を表示

多言語・多地域向けのコンテンツをAMPで配信していてユーザーのアクセス元に応じてコンテンツをパーソナライズする必要があるならamp-geoについて調べておくといい。

SEOコンサルタントの感想

私はサッカー経験者で元サッカーおたくでした(※現在は詳しくありません)。
日本やアメリカでは「サッカー」と呼びますがヨーロッパや南米では「フットボール」と呼びます。
アメリカで「フットボール」と言えば「アメリカンフットボール」と呼びます。
私はサッカーおたく時代、意識して「フットボール」と呼んでいました。

サッカー検索記事

フットサル漫画の紹介

私が書いたフットサル漫画を紹介させて頂きます。

フットガル![マガジンデビュー]

原作:白石ニョッキー/作画:一成 写植ができておらず非常に読みづらくすいません。 御覧の通り未完成ですし未熟な作品ですが、このまま廃棄するのも悔やまれるので 記念の意味で投稿させて頂きました。 お一人でも読んで頂ければ有難いです。

フットガル![DAYS NEO -デイズネオ-]

原作:白石ニョッキー/作画:一成

弱小女子フットサル部の女子高生がフットサルの練習と試合を通して成長していく様子をを描く“熱血スポ根もの”です。
全体を通してサッカーの豆知識やフットサルの技術解説、昔流行った芸能人女子フットサルになどの話題が各所にちりばめられ、サッカーファンはもちろん、一般の方々にも楽しんで頂ける内容を目指しました。

SEOまんが

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/第3話『内部リンクとユーザビリティ』
SEOまんが3話-タイトル
「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/第3話『内部リンクとユーザビリティ』

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/プロローグ『SEOコンサルタント登場』
【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/第1話『SEO・内部対策をしよう!』

SEO関連著書

【本の情報】
■出版社:宝島社
■タイトル:『DeNAと万引きメディアの大罪』
■ページ: 240ページ
■著者:別冊宝島編集部 (編集)
※白石竜次は寄稿

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2019 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述