「Speed Update」・・・遅いサイトは改善が必要です

「Speed Update」・・・遅いサイトは改善が必要です

「Speed Update」について再度おさらい。。

2018年7月9日Speed Update開始!

▼2018年7月9日、GoogleはツイッターにてSpeed Updateの開始を伝えました

■Googleツイッター


【日本語訳】
『モバイル検索ランキングでページスピードを可能にするスピードアップデートは、今やすべてのユーザーに導入されています!』

▼日本のGoogleも、金谷武明氏がツイッターで伝えました。

■Google金谷武明氏

ページの読み込み速度をモバイル??検索のランキング要素として使用する Speed Update を、全てのユーザーを対象にロールアウトを開始しました!

詳しい情報はブログをご覧下さい

■参考資料
ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します[Google ウェブマスター向け公式ブログ]

2018年1月18日木曜日
検索ユーザーはできるだけ早く質問に対する回答を見つけたいと考えています。研究(英語)では、ユーザーはページの読み込み速度を非常に気にかけていることがわかっています。 読み込み速度はこれまでもランキング シグナルとして使用されていましたが、それはデスクトップ検索を対象としていました。 そこで 2018 年 7 月よりページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することを本日みなさんにお伝えしたいと思います。
この ”Speed Update” (と私たちは呼んでいます)は、ユーザーに本当に遅い体験を提供しているようなページについてのみ影響し、ごくわずかな割合のクエリにしか影響しません。 そのページがどのような技術を用いて制作されたかに関係なく、すべてのページに同じ基準を適用します。 検索意図は依然として非常に強いシグナルですので、魅力的で検索クエリと関連性の高いコンテンツは、ページの読み込み速度が遅くても高い順位に掲載される場合もあります。

▼非常に遅いサイトのランキングにマイナスに影響する
▼速いから順位が上がる訳では無い
という事です。
「じゃあどのくらい遅いとだめなの?」
という事ですが、明確な数値は発表されていません。
参考程度ですが「PageSpeed Insights」などで確認し、遅いという評価がでたら改善したほうが良いと思います。

■PageSpeed Insights
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

実は管理サイトの中にひとつ、非常に遅いサイトがあります。
その所有サイトを調べてみました。

■速度の調査
調査日:2018年7月9日
【モバイル】
最適化 Low(52 / 100)
【パソコン】
最適化 Medium(68 / 100)

■速度の調査

調査日:2018年7月9日
【モバイル】
最適化 Low(51 / 100)
【パソコン】
最適化 Medium(67 / 100)

▼Speed Updateについての誤解として「サイトの速度を上げれば順位が上がる?」
というものがあります。勿論そんな事はありません。
順位に影響があるのは「極端に遅いサイトの順位が下がる」のみです。
このようなサイトは今後順位が落ちるかもしれません。
ですが、順位関係無く、遅い、重いサイトは最善が必要です。

SEO・IT漫画「ウェブマブ!」

マンガボックスインディーズ

「ウェブマブ!」 第3話(5-6P)

LINEマンガインディーズ

「ウェブマブ!」 第3話(5-6P)「お客様先に訪問」

少年ジャンプルーキー

「ウェブマブ!」 第3話(5-6P)

あしたのヤングジャンプ

「ウェブマブ!」 第3話(5-6P)

DAYS NEO -デイズ ネオ-

「ウェブマブ!」 第3話(5-6P)

マガジンデビュー

「ウェブマブ!」 第3話(5-6P)「お客様先に訪問」

マンガハック

「ウェブマブ!」 第3話(5-6P)「お客様先に訪問」

SEOまんが

SEOコンサルタント問い合わせ
SEOコンサルタント問い合わせ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク