1万円の本を100万部売る方法とは?(マーケティング)

「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/プロローグ『SEOコンサルタント登場』

「まんがでわかるSEOSEOコンサルタント勝子/プロローグ『SEOコンサルタント登場』

1万円の本を100万部売る方法とは?(マーケティング)

マーケティングについて、参考になるお話と少し宣伝です。

1万円の本を100万部サクッと売る、だれでもできる方法――顧客は何に金を払うのか

私がまだ紙の出版の世界にいたころに、ボスからこんな風に言われたことがありました。

1冊1万円の本を100万部売るには、どうしたらいいと思う?

あなたは、この問いにどう答えますか?

「タレントに宣伝させる」「限定感を出す」「とにかくテレビCMを打つ」「その本でしか得られない情報を入れる」――いろいろあると思いますが、ボスの答えは次のとおりでした。

本に2万円を挟んで売る。

そりゃそうですよね。1万円出して2万円手に入るなら、だれでも買います。というか、借金してでも製造部数ぜんぶ仕入れますよ。

要はボスが言いたかったのは、「お客さんが何かにお金を払うのは、払ったお金より大きな価値を得られる(と期待する)から」ということ。

1万円払って2万円手に入るというのは、非常にわかりやすい「払った金以上の価値を得る」関係です。とはいえ、1万円の本に2万円付ければ出版社はモーレツな赤字になるので、実現はできません。

だから現実的には「読者が得る1万円以上の価値ってどんなものだろう」を考えながら書籍を企画することになります。それが「企画」なのです。

ただし、その「お金を払って得たい価値」を考える際に大切なポイントがあります。

それは「価値はお客さんが決める」ということです。

言い換えれば、「価値がある」とあなたが思って(思い込んで)いるものでも、実際にお客さんにとって価値がなければ意味がないし、それを価値だと思う人の数が少なければビジネスにはなりにくいということです。

SEOコンサルタントの感想

『価値はお客さんが決める』という事を私は本当に痛感しています。
中小企業のお客様は「SEO」には大きく予算は使えないというか、そもそもSEOに大きな価値観を持っていません。
しかし、SEOに例えば1円も使いたくないお客様でも、リスティング広告には数十万使ったり、
ネットに会社の誹謗中傷を書かれた場合、その対策に数十万使ったりします。
つまり

SEO<リスティング広告
SEO<誹謗中傷対策

という事です。
私はSEOコンサルタントが本職ですので、自分のコンサル料金が上がったり評価を高めたいという
願望があるので、ついついその状況を嘆いてしまうのですが、お客様の価値はそのようなものです。
さらには私自身のスキルや知名度が足らないと言う事もあります。

本の例えの話ですが、
「初心者向けSEOセミナー」があったとして、それに数回通うと数千円から1万円かかるとします。
しかし私の(勿論他の方もですが)出版しているSEOの本を購入すれば、1万円くらいかかる内容を1500円前後の出費で済みます。
こういう事だと思います。
勿論、どちらにもメリット・デメリットがあり、セミナーを聞いたりコンサルを受けたりする良さもありますので、
それぞれ活用する事をお勧めしますが、それもお客様の価値感次第と言うことです。

(また宣伝になってしまいすみません)

[PR]SEOに興味を持った方にお勧めの本

手前味噌ではございますが、私は「初心者向けSEO」を専門としております。
SEOの高度な事ではなくSEOに興味を持った方に向けての本を出版しております。
本当にまだまだ未熟で拙い部分もありますが、もしよろしければお読み頂ければ幸いです。

【本の情報】
■出版社:宝島社
■タイトル:『DeNAと万引きメディアの大罪』
■ページ: 240ページ
■著者:別冊宝島編集部 (編集)
※白石竜次は寄稿


SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技
SEO対策〈検索上位にヒットする〉コレだけ!技: 知識0、資金0でも大丈夫!」
世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本 ~内部&外部対策からコンテンツSEOまで!
「世界一わかりやすいSEO対策最初に読む本」
スポンサーリンク
PR