PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

Google「410ステータスコードまたは404ステータスコードはどちらも問題ありません」

投稿日:

Google:410ステータスコードまたは404ステータスコードはどちらも問題ありません

【Google翻訳】
GoogleのJohnMuellerは、Salesforce Commerce Cloudに関して、見つからない404ページを使用する唯一の実際の方法は、404ではなく410ステータスコードを使用することであるというRedditフォーラムの懸念に応えました。 グーグルのジョン・ミューラーは「404は大丈夫だ。410は大丈夫だ」と言って、この人に両方とも大丈夫であるべきであり、心配しないように安心させようとした。

ここに質問がありました:

みなさん、こんにちは。SalesforceCommerceCloudにクライアントがいて、Salesforceの担当者から(私は信じています)、410 HTTP応答を使用しない限り、ヘッダーナビゲーション付きの404ページを作成できないと言われました。 これにより、ページが見つからない場合、デフォルトで410を提供するようになりました。
この記事では、Salesforceインテグレーターを同様の行で引用していますhttps://salt.agency/blog/salesforce-commerce-cloud-study/

デフォルトの「見つかりません」として404を使用することを強くお勧めしますが、可能であれば、ヘッダーナビゲーションを404ページに保持したいと思います。

私は開発ドキュメントを精査しましたが、404ページでヘッダーナビゲーションが不可能な理由について合理的な答えを見つけることができません。

誰かが以前にこの問題に遭遇したことがありますか? カスタム404ページを作成できるが、ヘッダーナビゲーションを作成できない場合はありますか? これを以前に見たことがあれば、どのような回避策がありましたか?

つまり、Googleは、410はより永続的で、より高速に動作すると言っています。 グーグルはそれが410ページを再試行する頻度を言いませんが、それは404ページより少なくなければなりません。 念のために言っておきますが、Google Search Consoleでは、気分が良くなる場合は410を404とラベル付けしています。

SEOコンサルタントのまとめ

Googleのジョン・ミューラー氏が「404は大丈夫だ。410は大丈夫だ」と発言しました。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2021 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述