【誹謗中傷・逆SEO】漫画「外道の歌」…アイドルのストーカーがSNSで誹謗中傷する話。

漫画「外道の歌」…アイドルのストーカーがSNSで誹謗中傷する話。

漫画「外道の歌」の新シリーズが「アイドルのストーカーがSNSで誹謗中傷する話」となっており、
興味深いので紹介いたします。

「外道の歌」とは?

「外道の歌」とはヤングキングに連載されている渡邊ダイスケ氏の漫画です。
第1部は「善悪の屑」というタイトルで、実写映画化が決定している大ヒット漫画です。
私は渡邊ダイスケ氏の「スフェリコン」からのファンで、単行本は全て購入しております。

「外道の歌」50話

「1年前までアイドル活動をしていました」という山里かんなが語る。
小さな芸能事務所に所属する地下アイドルと思われる。
1人、熱狂的なファンがいた。
SNSでのファン対応もだんだん慣れてきて、ある時ぞんざいな扱いをしてしまったらそのファンからのコメントがなくなった。
しばらくしてエゴサーチするとツイッターの投稿を発見。
悪口が多数書かれていた。
ツイッターの投稿は
「山里かんな、中の下くらいの顔面の分際で早くもテングかよwww」
「純粋に顔面がC級www」
「塩対応とは言語道断」
「即刻、消えるべし!」
というもの。その熱狂的なファンがアンチになっていたのだ。
そのアンチ(ファン)は別のメンバーに推し変(熱の人のファンになること)し、山里かんなへのアンチ活動を行っていた。
「私に対する誹謗中傷が日増しに酷くなって」やがて、山里かんなの住所がネットでばらされる。
5chと思われる「パンゲアちゃんねる」などの掲示板でも個人情報が書き込まれている様子。
特定の手法は、山里かんなが公開した写真から特定するというもの。写真の背景の電車の色や車種で何線か特定

背景のデパートや銀行の並びから沿線の駅をしらみ潰しに調べる

最寄駅を特定、というもの。
また室内で撮影した写真から、窓の外の背景を元に
マンションの近くまで特定。
それをネットに流された。
ツイッターの投稿
「山里かんな発見wwおつとめ品買っててワロタwww」ついに山里かんなは引っ越しをする事に。
しかし、過去のブログなどから地元や出身校が特定される。
卒業アルバムからと思われ、住所や電話番号、家族の名前、写真などがネットで公開されてしまう。
母や姉のSNSも調べられる。
姉はTV局のアナウンス部に就職が内定していたものの
大学時代のキャバクラ勤務、男遊びの写真などが流出し
そのアンチ(ファン)がTV局に情報を渡し、内定を取り消されてしまう。ニュース番組の映像。
「GDO44前島痲波 突然の卒業」

母親は父の会社の同僚と不倫関係にあり、そのことをブログに書いていた。
山里かんな「母はネットに対する意識が低く」
「同世代の知り合いはネットに疎いのでどうせ見られる事はないだろうと」
アンチ(ファン)はこの情報を父親の会社のHPの掲示板に貼りつける。
これが問題となり不倫相手の奥さんから慰謝料を請求される事に。
さらに、このことから父親がビルから飛び降り自殺をはかり意識不明。
母親は離婚し音信不通、姉には兄弟の縁を切られてしまう。

山里かんなに対する誹謗中傷や数々の情報流出に対して、
事務所は最初こそ「守る」と言ったものの、トラブルに巻き込まれたくないという
事から活動休止を提案。そして体よく解雇。

現在、山里かんなは父の医療費を稼ぐために週5日風俗で働いている。

警察にも相談したが、脅迫や殺人未遂の書き込みでないので、
被害届は受理するが事件として扱うのは難しい、という対応。

区の無料相談でも同様の対応をされる。

山里かんな「ここまでされるほどの事をしたのでしょうか?」

相手を殺してやりたいが、相手がだれか分からない。
どうしたらいいのか、何をすればよいのか分からない。

と、「朝食会」に相談した。
※「朝食会」とは、主人公である鴨ノ目武(カモ)と島田虎信(トラ)の「復讐や」
のライバル組織。榎加世子と鶴巻裕が構成員。

榎加世子「警察や法律家の人達を悪く思わないで」
「想いがあっても立場的に行動できない人もいる」
「しかるべき立場の人がしかるべき事をやっていくだけ」
「社会とはそういうものだから」
と、語った。
「朝食会」による復讐が始まる。

誹謗中傷・逆SEOコンサルタントの感想

私自身、IT系や誹謗中傷・逆SEOなどの仕事をしている身、
さらにはAKBグループのファンとして今回の話は非常に興味深く拝見させて頂きました。
ネットによる誹謗中傷やストーキングの様子が非常にリアルに描かれていました。
「アイドルへのストーカー」と言えば、以前あった、殺人未遂の事件を思い起こしますが、
今回の題材は直接的な暴力や接触をせずにアイドルを追い込む、という点で、現在多く起こっている事件を
扱っており、非常に興味深いです。

一つ、注意点として、渡邊ダイスケ先生はあくまで「エンターテイメント」として、「外道の歌」
の世界観の中の物語として創作なさっておられます。あくまでフィクションです。
もし同様の事が起こったらどうすべきか?

●卒業アルバムからと思われ、住所や電話番号、家族の名前、写真などがネットで公開されてしまう。
母や姉のSNSも調べられる。
⇒これは明確な個人情報ですので各掲示板やサービスに連絡すれば削除して貰えると思います。
またこの件で弁護士に依頼すれば動いてくれます。

●相手がだれか分からない
⇒これはプロ野球・井納選手の事例からもわかる通り、情報開示請求が可能です。

※資料
DeNA井納投手の「嫁酷評」提訴で注目 「選手の奥さん叩き」掲示板のエグい内容

ネットの匿名掲示板に「そりゃこのブスが嫁ならキャバクラ行くわ」と書き込まれ、奥さんと自分の名誉が侵害されたとして横浜DeNAベイスターズの井納翔一投手(31)側が、書き込んだ女性に191万9686円の損害賠償を請求した

特定の経緯は、井納投手の担当弁護士が書き込みは誰のものか掲示板管理者に問い合わせ、IPアドレス(インターネット上の住所)を入手した後に、女性が使っているプロバイダーに女性の個人情報の公開を求めた。この情報開示請求には77万円かかる。プロバイダーは女性に対し、公開の是非を尋ねる。拒否することができるけれども、拒否された側は裁判によって公開を争うことができる。今回の場合は、井納投手サイドから公開を求められているのを17年11月末に知った女性が、自分から井納投手の代理人弁護士に接触したことで分かってしまった。

●もし現実に個人情報が掲載されてしまった場合は、弁護士あるいは「誹謗中傷・逆SEO業者」のご相談ください。
勿論私にご相談頂いても構いません。

●私に対する誹謗中傷が日増しに酷くなって
・ネットへの誹謗中傷(悪口、脅迫や殺害予告ではないもの)
・卒アル公開
・出身校や地元の公開
・過去のブログを調べられる
・裏アカウントを調べられる
・最寄りの駅に待ち伏せされる
・家族のSNSを調べられる
これらの事はAKBグループの多くのメンバーが現実にされている事です。
こういったあたりが、おそらく「一線」となっている感じです。
今回の「外道の歌」のアンチ(ファン)はアイドルの過程を壊すという、明らかに一線を越えており、
どうみても犯罪です。
これを「朝食会」がどのような暴力(恐らく)で犯人に復讐するのか、現実には裁判で裁かれてしまうのですが、
暴力によって裁いてしまう(恐らく)所が、この作品の爽快な所です。
このシリーズは、この漫画やジャンルのファン以外の、AKBグループのファンの方にも是非読んで頂きたいです。

SEOまんが

SEOコンサルタント問い合わせ
SEOコンサルタント問い合わせ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク