PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO 逆SEO・誹謗中傷対策・炎上

Google「否定的なレビューサイトはあなたのサイトの検索ランキングを傷つけない」

投稿日:

売上が悪いと・・

Google「否定的なレビューサイトはあなたのサイトの検索ランキングを傷つけない」

グーグル:否定的なレビューサイトはあなたのサイトの検索ランキングを傷つけない

【Google翻訳】
グーグル:否定的なレビューサイトはあなたのサイトの検索ランキングを傷つけない

GoogleのJohn Muellerが最近のGoogleウェブマスターハングアウトビデオで、ブランドに関する否定的な検索結果がそのブランドのWebサイトにGoogle検索でのランキングを損なう可能性があるかどうか尋ねられました。 ジョンはノーと言った-すべきではない。 ジョンはまた、一般的に評判管理を行う必要があるかどうかについて少し話しました。

ビデオの9:01分のマークで、尋ねられた質問は:

ブランド名をGoogleで検索すると、結果の1ページ目または2ページ目に、ポップアップするサイトレビューWebサイトがあります。 そして、それは評価とものでリッチな結果スニペットを持っています、そしてそれはウェブサイトについての多くのユーザーが投稿したレビューです。 また、直接かどうかにかかわらず、これが実際にどのような影響を与えるかはわかりません。ユーザーがレビューを見て、ウェブサイトに関するレビューを探している場合、間接的に影響があると思います。 だから私はその側面があることを知っていますが、レビューで共有されている可能性のあるリンクに基づいて、他の側面や他の影響があるかどうか疑問に思っていました。 あるいは、ページのコンテキストを理解するためにBERTが時々使用できることを知っています。 それで、一般的にページに否定的な感情がある場合、それは私のウェブサイトのパフォーマンスやランキングに何らかの影響を与える可能性がありますか?

グーグルのジョン・ミューラー氏は、「それがウェブサイトのランキングに影響を与えるとは思わない」と答えた。

その後、会話の最後にもう一度尋ねました。「基本的に、あまり心配する必要はありませんか?」 ジョンは「ええ、私はそれについて心配しません」と答えました

それは本当に悪い質問ではありません。 2010年には、より多くのリンクやレビュー(否定的なものも含む)を得てランキングを上げるために顧客を虐待したSEOの周りに多くの騒ぎがありました。 グーグルがこれらのアクションでサイトをダウングレードすると発表した直後。 しかし、以来、このトピックについてはあまり触れていません...

ここでジョンは、あなたがオンラインであなたのブランドについていくつかの悪いレビューを持っている場合、それがグーグル検索のランキングに影響を与えるべきではないと言っています。

次にジョンは、オンラインの評判管理を行う必要性、またはその欠如について話し合いました。 彼は言った:

『せいぜい、あなたの会社名の検索結果で人々がそれを偶然見つけてしまうかもしれません。 彼らは、ああ、これはどういう意味ですか、それから彼らはそのウェブサイトで迷子になります。 しかし、そのようなページの存在があなたのサイトに悪影響を及ぼすというわけではありません。
そこにいくつかの否定的なレビューがあっても。 つまり、インターネットにはいろいろなものがあります。 ですから、それがマイナスの影響を与えると直接想定することはできません。 場合によっては、特に会社名のクエリのような場合に、上昇する可能性のある他の種類のコンテンツを作成することが理にかなっています。 しかし、それはいつどこに時間を費やすかという問題です。 人々がすでにあなたの会社名を検索している場合、彼らはとにかくどこへ行くか知っています。 だから私は知りません。 検索結果全体を適切なコンテンツでカバーできるようにするためだけに、会社名を記載したページをさらに作成する必要があるとは必ずしも簡単ではありません。』
English Google Webmaster Central office-hours from July 21, 2020

SEO専門家

SEOコンサルタントのまとめ


Googleのジョン・ミューラー氏は、「否定的なレビューを書かれた」という質問に対し
「それがウェブサイトのランキングに影響を与えるとは思わない」と答えました。
皆さんの会社やサイトの批判や誹謗中傷を書かれたからといって、サイトのランキングには影響しません。
別の問題で、Googleは多様性を重視し評価するので、例えば皆さんの会社名で検索した時に、その会社の批判やネガティブな記事があると、上位に表示させる傾向があります。
明らかに多様性を意識しているように思えます。
Googleは「そんなサイトの事はユーザーはきにしないだろうからあなたも気にすべきではない」
と言うかもしれませんが、世の中には深く考えないで簡単に物事を信じてしまう人が沢山いますし、
もし誰も気にしなかったとしても、言われた当人は深く傷つき気にしてしまうものです。
そんな方々が「ネット誹謗中傷対策会社」や弁護士に依頼するのです。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO, 逆SEO・誹謗中傷対策・炎上

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述