YouTubeの著作権保護フィルターが公式動画をブロック!過去にはSKE48も

YouTubeの著作権保護フィルターが公式動画をブロック!過去にはSKE48も

YouTubeの公式動画に著作権保護フィルターが「著作権を侵害している」とブロックした、という事例を紹介します。

YouTubeの著作権保護フィルターが公式のムービーを「著作権を侵害している」とブロック

YouTubeは著作権所有者を保護するために「コンテンツID」という仕組みを使い、YouTube上のコンテンツを管理しています。コンテンツIDとは、YouTube上にアップロードされたムービーが他のコンテンツを侵害していないかどうかスキャンし、「著作権を侵害している」と判定された場合、ムービーの収益化をブロックしたり試聴ができなくしたりする仕組みです。そんなYouTubeのフィルターにより、「正当な権利を持つ公式チャンネルのムービーがブロックされてしまった」と著作権やプライバシー、ファイル共有ソフトに関連するニュースを報道するウェブサイトTorrentFreakが報告しています。

YouTube’s Piracy Filter Blocks MIT Courses, Blender Videos, and More – TorrentFreak
https://torrentfreak.com/youtubes-piracy-filter-blocks-mit-courses-blender-videos-and-more-180618/

YouTubeが運用するコンテンツIDはほとんどの場合正常に機能しているものの、時にはホワイトノイズや鳥の鳴き声がコンテンツIDに引っかかってしまうという事態が発生しています。必ずしも完璧とは言えないコンテンツIDですが、ついには著作権を持っている団体がアップロードしたムービーについてもブロックするようになってしまったとのこと。

2018年6月の中旬頃から、大学の講義内容やその関連情報をインターネットを通じて無償公開する活動をしているオープンコースウェアの一環として、MITが運営する公式YouTubeチャンネルMIT OpenCourseWareのムービーが、突然ブロックされてしまいました。

また、同様の現象はオープンソースの3Dコンピュータグラフィックスソフトウェアの開発を行うBlenderの公式チャンネルでも発生しており、どういうわけだか公式のムービーが「著作権に違反している」と判定されてしまっているようです。

SKE48CM動画が所属事務所によりブロックされた事例

▼過去に、SKE48がYouTubeに上げた公式の動画がブロックされた事がありました。

日本のカレー専門店チェーン最大手である「カレーハウスCoCo壱番屋(株式会社壱番屋)」が、コラボしているSKE48の宣伝動画を公開したところ、権利者からブロックされる事態が起きました。 ココイチ(カレーハウスCoCo壱番屋)は昨年、SKE48とコラボをし、キャンペーンを行いました。 メンバーが3チームに分かれ対決するという点と、プレゼントがあるという点で、ファンがこぞってカレーを食べ盛り上がりました。 事実、そのキャンペーンによる広告効果は投下額の約12倍、実売上げ効果は昨対前年比2%を押し上げたらしいのです。

問題なのは削除表示に
「この動画にはAKS co.Ltdさんのコンテンツが含まれている為、著作権上の問題で権利所有者によりブロックされています」
とある事です。 「AKS」とは、SKE48のメンバーが多数所属している芸能事務所です。

SEOコンサルタントの感想

上記のSKE48の件は2014年の出来事です。YouTubeはいまだにこういう事の改善ができていないようです。

SEO・IT漫画「ウェブマブ!」


■マンガボックスインディーズ

■DAYS NEO -デイズ ネオ-

■マガジンデビュー

■少年ジャンプルーキー

■あしたのヤングジャンプ

SEOまんが

SEOコンサルタント問い合わせ
SEOコンサルタント問い合わせ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク