PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

リンク速度:それはランキング要因ですか?

投稿日:

リンク速度:それはランキング要因ですか?

【Google翻訳】
あなたのウェブサイトは、バックリンクの急成長率に対して罰せられる可能性がありますか? 理論が本当にGoogleのランキング要素であるかどうかを調べます。

他のサイトから多くのリンクをすばやく取得することは、どのWebサイトにとっても良いことのように思えます。

しかし、それはあなたのランキングを助けるのではなく、実際に傷つける可能性がありますか?

または、リンク速度はGoogleにとってまったく重要ではありませんか? 実際、それは単なるいくつかの作り上げられたSEO用語ですか?

リンク速度の起源と、それがSEOで本当に心配する必要があるものかどうかを調査するときに読んでください。

主張:ランキング要因としてのリンク速度

リンク速度とは、ウェブサイトがリンクを獲得する速度が、ランキングにプラスまたはマイナスの影響を与える可能性があるという理論を指します。

リンク速度=良い

数年前、短期間でリンク速度が速いことは、SEO業界では良いことだと考えられていました。これは、Googleのランキングにプラスの影響を与える可能性があります。

リンク速度については、記事や会議セッションで言及されていました。当時、リンク構築は質よりも量に重点を置いていたためです。

ウェブページをすばやくランク付けしたいですか? たくさんのリンクをすばやく作成します。

しかし、Googleがペンギンアルゴリズムを開始した後、品質よりも量の考え方が変わりました。

リンク速度=悪い

ここでの信念は、リンクの取得が速すぎると、Webサイトがペナルティを受けたり、検索結果で降格されたりする可能性があるということです。
これは、Googleがインバウンドリンクの急増を、ウェブサイトが検索ランキングを操作しようとしている兆候として解釈するという考えに基づいています。

当然のことながら、リンク速度の考え方は、リンクを取得することで不注意にペナルティを科されることを嫌うすべての人にとって懸念される可能性があります。

ウェブサイトのリンクプロファイルの成長は、ほとんど制御できません。

たとえば、あるサイトが優れたコンテンツを公開している場合、他の多くのサイトが短期間でそれを参照する可能性があり、その結果、一度に多数のリンクが取得されます。

SEOの専門家が主張するようにリンク速度が機能する場合、上記の例のWebサイトは、それ自体の障害なしにインバウンドリンクの流入を獲得したため、ペナルティを受ける可能性があります。

証拠:ランキング要因としてのリンク速度

SEOコミュニティにおけるリンク速度の起源は、2003年に出願されたGoogle特許の発見にまでさかのぼることができます。

特許「履歴データに基づく情報検索」には、リンクプロファイルの成長に基づいて検索エンジンがWebサイトをどのように扱うべきかについてのアイデアが含まれています。

特に、リンク速度の概念は、このパッセージにまでさかのぼることができます。

「バックリンクの数の急増は、検索エンジン125がドキュメントをスコアリングするために使用する要因である可能性がありますが、検索エンジン125にスパムを送信する試みを示す可能性もあります。したがって、この状況では、検索エンジン125は実際に スパムの影響を減らすためのドキュメントのスコア。」
Search EngineJournalのRogerMonttiは、SEO専門家によるこの特許の解釈を取り上げ、彼らが自分たちの理論を反証する特許の一部をどのように無視しているかに注目しました。

たとえば、この特許は、「急成長率」とは何か、そしてそれが不自然なリンク構築の特徴をどのように定義できるかを定義しています。

この特許は、インバウンドリンクが急増しているウェブサイトにペナルティを科すものではありません。

これは、長期間にわたってインバウンドリンクの異常なスパイクのパターンを示すWebサイトを降格することです。
モンティによると:

「その特許が実際に話しているのは、滑らかな自然成長率と、とがった不自然な成長率です。

急上昇する成長率は、数か月の間に現れる可能性があります。 これは、短期間に大量のリンクを取得するとペナルティが発生するというリンク速度の考え方とは大きく異なります。」
証拠は、専門家がリンク速度について主張していることとは一致しません。

ランキング要素としてのリンク速度:私たちの評決

Googleがランキングに悪影響を与える可能性のあるリンク速度と呼ばれる信号を使用していることを示唆する証拠はありません。
リンク速度は、Googleが公式に認識している用語ではありません。

それについて尋ねられたとき、グーグルの検索担当者は、ウェブサイトのリンクは、どのくらいの時間で何が得られるかではなく、彼ら自身のメリットで評価されると言います。

Googleのジョンミューラーからのそのような応答の例を次に示します。

「どの期間にいくつのリンクを取得するかはそれほど重要ではありません。 それは本当にただ…これらが不自然なリンクであるか、私たちの観点から問題がある場合、それらは問題になるでしょう。 何回、何時でもかまわないような気がします。」
GoogleのGaryIllyesは、Reddit AMAでそれをより率直に表現し、リンク速度を構成用語と呼んでいます。

リンクが速く取得されるか遅く取得されるかにかかわらず、本当に重要なのは、個々のリンクの品質と、それらが取得された方法(自然または不自然)です。

SEOコンサルタントのまとめ

Googleジョンミューラー氏
「どの期間にいくつのリンクを取得するかはそれほど重要ではありません。 それは本当にただ…これらが不自然なリンクであるか、私たちの観点から問題がある場合、それらは問題になるでしょう。 何回、何時でもかまわないような気がします。」

▼以前知人のサイトが自動ペネルティを受けた時に推測したのが
「1日に10数サイトからリンクを貼ったため」
というものでした。サイト数は10数個ですが、
ブログのサイドバーにリンクを設置したために
サーチコンソールで見ると数百ページからの被リンクとなっていました。
これが「意図的に順位を操作している」
とみなされたのでは?
と思いました。
対処としてはすぐにリンクを外しました。
すると1か月程度で順位は戻りました。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2022 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述