PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

正規化:それはGoogleのランキング要素ですか?

投稿日:

正規化:それはGoogleのランキング要素ですか?

【Google翻訳】
正規化は検索ランキングと関係があることが確認されていますが、それはランキング要因ですか? こちらをご覧ください。
正規化は検索ランキングと大まかに関連していますが、それをランキング要素と呼ぶのは難しいでしょうか?

rel =” canonical”タグは、複数のURLからのランキング信号を単一の正規URLに統合するために使用できるツールであると聞いたことがあるかもしれません。

それは本当ですが、それは限られたユースケースを持つツールです。

正しく使用された場合でも、Googleがその指示に従うという保証はありません。

正規URLの詳細と、rel =” canonical”タグが検索ランキングにどのように関連付けられているかをご覧ください。

主張:正規化(rel =” canonical”)はランキング要素です

Rel =” canonical”は、ページの複数のバージョンが存在する場合に検索結果に表示するページのバージョンをGoogleに通知するために使用できるHTMLタグです。
これは、重複するURLを自分のサイトに統合する方法として最も一般的に使用されますが、コンテンツが複数のドメインにまたがって再公開またはシンジケートされる場合にも使用できます。

Googleは検索結果に重複するコンテンツを表示することを好まないため、代わりに1つのURLを選択し、他のURLを省略します。 これは正規URLと呼ばれます。

Googleに検索結果に表示するURLを指示することに加えて、rel =“ canonical”タグはランキング信号をあるページから別のページに転送できると考える人もいます。

これは、検索ランキングに関連するカノニカルについてGoogleが言っていることです。

証拠:ランキング要素としての正規化(rel =” canonical”)

高度なSEOに関するGoogleの公式ガイドには、正規化を使用して重複するURLを統合する方法に関する章全体があります。 不思議なことに、検索ランキングについては何も言及されていません。

ただし、GoogleのJohn Muellerは以前、毎週のSEO Q&Aセッションの1つで、カノニカルと検索ランキングのトピックに取り組んでいました。

この特定の例では、Muellerは、サイト所有者が重複コンテンツにrel =” canonical”タグを使用することを推奨しています。これは、すべてのランキング信号を1つにまとめることができるためです。 彼は言った:
「一般的に、重複コンテンツにはnoindexではなくrel =” canonical”を使用することをお勧めします。

noindexを使用すると、このページはまったくインデックスに登録されるべきではないということです。

正規の場合、このページは基本的に私が持っている他のページと同じであり、これらのページの両方に対して持っているすべての信号を取得して1つにまとめることができるので役立ちます。

一方、noindexがある場合、またはrobots.txtでブロックした場合、ブロックされたページまたはnoindexが含まれているページに関連付けられているシグナルは失われ、ドロップされます。」
これは、Googleが重複コンテンツからのランキング信号をrel =” canonical” HTMLタグを使用して1つの正規URLに結合できることの確認です。

ランキング要素としての正規化:私たちの評決

正規化は検索ランキングと関連があることが確認されていますが、それがランキング要素であることを意味するわけではありません。
rel =” canonical”タグを使用して、複数の重複するURLからのシグナルを1つに結合できますが、それでも信頼できるツールではありません。

rel =” canonical”タグが正しく使用されている場合でも、Googleはそれを無視し、代わりに検索結果に表示する独自の正規URLを選択する場合があります。

rel =” canonical”タグは、ディレクティブというよりも提案であり、ランキングの要素ではありません。

SEOコンサルタントのまとめ

▼「rel =”canonical”」はページの複数のバージョンが存在する場合に検索結果に表示するページのバージョンをGoogleに通知するために使用できるHTMLタグです。
▼Google ジョン・ミューラー氏は、サイト所有者が重複コンテンツに「rel =”canonical”」タグを使用することを推奨しています。これは、すべてのランキングシグナルを1つにまとめることができるためです。
▼「rel =”canonical”」タグは、ディレクティブというよりも提案であり、ランキングの要素ではありません。[Search Engine Journal]

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2021 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述