【SEO】Googleの検索結果の「Googleマイビジネス」を悪用した詐欺事件

SEO】Googleの検索結果の「Googleマイビジネス」を悪用した詐欺事件

「Googleマイビジネス」を悪用した詐欺の手口を紹介します。

Googleの検索結果に店舗情報を表示する「Googleマイビジネス」を悪用した詐欺が登場

New form of Google banking scam
http://blog.abhijittomar.com/2018/10/19/google-business-claim-scam/

Googleで会社や店について検索すると、その会社や店の住所や電話番号、開店時間、口コミのレビューなどがカードで検索結果トップに表示されます。このカード表示はGoogleが提供する「Googleマイビジネス」によるもので、スマートフォンで表示すればそのまま直接電話をかけることも可能です。

クレジットカードを使ったオンライン取引に失敗したTomar氏のいとこは、銀行支店に問い合わせをするためにGoogleで電話番号を検索し、何の疑いもなく直接電話をかけたそうです。Tomar氏のいとこは、銀行員を名乗る人物が電話に出たことに安心して、求められるがままにクレジットカードの番号やセキュリティコードを話してしまいました。その直後、いとこの口座からお金が引き出されてしまっていたとのこと。
実は、Googleの検索カードに表示されていた電話番号は、銀行の支店のものではなかったとのこと。Tomar氏が調査したところ、同じ地域の複数の銀行支店の電話番号が同じ詐欺師に登録されていたことがわかりました。地元の銀行支店の検索カードの中には「この電話番号は偽物です」という口コミが書き込まれているものもあったそうです。
Tomar氏は、「いとこが自分のカード情報をそのまましゃべってしまったのはあまりにも愚かな行為だ」という批判は理解できるとした上で、いとこが「Googleは正確な情報を提供する」と信用していたために起こった悲劇でもあると述べています。この事実は、Googleに会社情報を登録することがどれだけ簡単なのかということを示しています。実際に、Googleは会社情報がいかに簡単に登録申請できるかを以下のムービーで解説しています。

また、既に正しいビジネス情報が登録されていても、悪意ある第三者が異議申立てを行うこともできます。この場合、元の所有者が何も対応をしなければ、そのまま第三者のアカウントにビジネスページの管理権が移譲されてしまう可能性があり、実際に同様の被害にあったユーザーからの報告もあります。Tomar氏は、インドの銀行が自分のウェブサイトではない場所に表示されている情報について責任を負いかねるだろうし、Googleから送られてきた異議申立ての通知にも気づいていないのだろうとコメントしています。

How to add or claim your business on Google


SEOコンサルタントの感想

悪意ある第三者が手を加えられるというのもこれはこれで問題がありますよね。
そして要因は「Googleマイビジネス」を気にしていない企業が多いことにもあります。
もっと活用すべきだと思うのですが。

SEOセミナー情報

【SEO対策に悩むライター必見!】SEOプロ講師から学ぶWeb集客率アップの戦略!

2018/12/19 (水)
会場
Aishare 株式会社
チケット
受講料 ¥3,000

マンガボックスインディーズ

「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」
「ウェブマブ!」6話(11P)「対策キーワードは?」

LINEマンガインディーズ

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」
「ウェブマブ!」6話(11P)「対策キーワードは?」

少年ジャンプルーキー

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」
「ウェブマブ!」6話(11P)「対策キーワードは?」

SEO情報アンテナ

SEOコンサルタント問い合わせ
SEOコンサルタント問い合わせ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク