PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

Googleのサードパーティのレビューとの矛盾は、ユーザーエクスペリエンスを混乱させる

投稿日:

SEOまんが3話-006

Googleのサードパーティのレビューとの矛盾は、ユーザーエクスペリエンスを混乱させる

Googleのサードパーティのレビューとの矛盾は、ユーザーエクスペリエンスを混乱させる

【Google翻訳】
Googleのサードパーティのレビューとの矛盾は、ユーザーエクスペリエンスを混乱させる

Googleは、「ウェブからのレビュー」を削除する方が良いでしょう。なぜなら、独自のガイドラインによる施行の欠如が理解を難しくしているからです。

2006年にこの業界に初めて参入したとき、中小企業が顧客にレビューを依頼できるサイトが多数ありました。 10年後、消費者からユーザー生成コンテンツを積極的に生成しているWebサイトがこのスペースに非常に少ないことがわかりました。 これにより、これらのサードパーティサイトのいずれかでビジネスが否定的なレビューを受け取った場合、バランスを取るための肯定的なレビューがあまり多くない場合に対処するのが困難になることが多くなります。

また、Googleがサードパーティのレビューサイトに対して独自のスキーマガイドラインを強制しないことを考慮すると、消費者とマーケティング担当者にとって非常に混乱します。 以下に例を示します。

レビューはページに表示されません

Googleのレビュースニペットガイドラインによると、「マークアップしたページからユーザーがマークアップしたレビューと評価をすぐに利用できるようにしてください。 ページにレビューコンテンツがあることがユーザーにすぐにわかるはずです。」

これは、GoogleがビジネスナレッジパネルでWebからのレビューの下に表示しているレビューの場合には絶対に当てはまりません。

フロリダの法律事務所の例を次に示します。 彼らはナレッジパネルにリストされた法的ディレクトリを持ち、それぞれが5/5の評価であるレビューを1つ持つことになっています。

いずれかのプロファイル(1つまたは2つ)にアクセスしても、レビューは表示されず、消費者にとって非常に混乱した体験になります。

トムワディントンは、彼が手伝っていた造園ビジネスが彼のナレッジパネルにマイナスの平均を示していたケースについて私に連絡しました。 このビジネスでは、アンジーのリストによると、Googleの平均は5分の1でした。

実際にAngie’s Listのリストにアクセスすると、合計10件のレビューと以下のスコアがあります。

Aの評価を持つ2
評価がBの3
評価がCの2
Fの評価を持つ3
私は数学者ではありませんが、正直にそれを計算する方法がわからず、最終的に19件のレビューに基づいて平均1/5になります。 また、このビジネスにそれを修正する方法について何を伝えるかについてもわかりません。

Facebookは、私が常に見ているものであり、理解できないものです。 この例では、Googleは43票に基づいて平均4.8を示しています。

Facebookのプロファイルにアクセスすると、2つの異なるカウントが表示されます。 1つは49、もう1つは18と言います。どちらもGoogleがリストしたものと一致しません。

Foursquareとの混乱はそれほど少なくありません。 この自動車部品事業では、4つの投票に基づいてナレッジパネルに6.9 / 10と表示されます。

プロフィールにアクセスすると、2つのレビューのみが表示されます。両方のレビューは肯定的ですが、10の評価は表示されないため、この平均がどのように計算されているかわかりません。

レビューは他のサイトから複製されます

Googleのレビュースニペットガイドラインによると、「サイトは評価情報を他のサイトからではなく、ユーザーから直接収集する必要があります。」

この保険代理店の場合、ウェブ上のレビューには、6つのレビューがあるBirdEyeのプロファイルが表示されています。

これらの6つのレビューは、実際には彼のGoogleレビューであり、すでにナレッジパネルに表示されています。

ジュディの本が6票を示している別の例を次に示します。

プロフィールにアクセスすると、3つのレビューがJudy's Bookからのものであり、3つのレビューがInsider Pagesからのものであることがわかります。

マーケティング担当者として、私はレビュー空間でより多くの競争があることを望みます。また、第三者にレビューを取得することの利点を中小企業に見せることがより簡単であることを望みます。 私の意見では、ガイドラインが一貫しておらず、ユーザーに混乱をもたらす経験があるため、Googleはこの時点で「ウェブからのレビュー」を削除する方が良いと思います。

「ウェブからのレビュー」

「ウェブ上のレビュー」には、さまざまなレビュー系サイトから集められた平均評価が掲載されます。
レビューサイト運営者は、Review snippetsを設定することで「ウェブ上のレビュー」に含めてもらいやすくなります。

どこから引っ張ってくるかはアルゴリズムによって判断されます

ウェブ上のレビューは、技術的な用語では「Review snippets(レビュー スニペット)」と呼ばれます。
ローカルビジネスの場合のレビュー スニペットにはschema.orgを用いた次の2つの構造化データのマークアップが必要です。
●Review(レビュー)
●Local Business(ローカルビジネス)
構造化データを使うことにより、レビューのデータをGoogleは集めることができます。
そして、あなたのサイトでのレビューの対象とナレッジグラフに登録されているローカル”エンティティ“とを結び付けることができます。

SEOコンサルタントのまとめ

Google検索結果のナレッジパネルに「ウェブ上のレビュー」が表示されていますが、「ウェブからのレビューを削除する方が良い」という記事です。
たしかにGoogleのレビュースニペットガイドラインに「サイトは評価情報を他のサイトからではなく、ユーザーから直接収集する必要があります。」と書いてあるならそうなのですが、GoogleはGoogle検索結果のナレッジパネルを充実させることに力を入れているから、「ウェブ上のレビュー」を表示させているということなのでしょう。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述