PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

高品質コンテンツを作りたいならGoogleを見ずにユーザーを見るべき

投稿日:

JohnMueller

高品質コンテンツを作りたいならGoogleを見ずにユーザーを見るべき

高品質コンテンツを作りたければグーグルを見るな、ユーザーを見ろ

グーグルのエンジニアが警告、「別タブで開く」リンクは実はヤバいんだって!?【SEO情報まとめ】[Web担当者Forum]

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)

『自分自身のサイトで「何が高品質」なのかは、自分がいちばんわかっているはずだ。グーグルが何を高品質とみなすかを気にかけるのではなく、
●独自性があり
●人を引きつけ
●高品質
そういったコンテンツ(実際につくり、それら)が実際にサイトにあることをユーザーに示す必要がある。』

『グーグルのアルゴリズムを分析するよりも、オンラインでもいいし、直接招く形でもいいが、ユーザーテストをやるといい。「使いづらい」とか「ロゴがダサい」とかきつい意見を聞くこともあるかもしれないが、実際のユーザーからのフィードバックをもらうんだ。必ずしも納得できないこともあるだろうが、ユーザーからのフィードバックは非常に重要だし、サイトで考慮すべきものだ。
グーグルも検索結果でA/Bテストをやってユーザーの反応を常に調べているし、Search Consoleでも、新しい機能の導入に際してはユーザー調査を行っている。
「グーグルのアルゴリズムがきっとこんなふうに動いているのだろう」と推測するのではなく、私が言ったように絶えずユーザーを調べたりして、ユーザーに焦点を当てるべきだ。』

『グーグルのアルゴリズムは、ユーザーが求めるものを提供しようとして絶えず変化・進化している。したがって、アルゴリズムを追いかけるということは、いつも一歩遅れを取っていることになる。』

SEOコンサルタントのまとめ

私なりのまとめです。

高品質コンテンツを作るコツ1
●独自性があり
●人を引きつけ
●高品質
のコンテンツを作る。
高品質コンテンツを作るコツ2
ユーザーテストを行う
高品質コンテンツを作るコツ3
Googleではなくユーザーに焦点を当て研究する
高品質コンテンツを作るコツ4
ユーザーの求めているコンテンツを公開し更新を続ける。
SEOコンサルタント白石(パンダ)
SEOコンサルタント白石(パンダ)
一部のSEO担当者やアフィリエイターの心理として
▼楽して順位を上げたい
▼テクニカルな施策をしたい
テクニカルに強い人は「テクニカルな施策」とちょちょいと行うのが楽なのでしょう。
確かに時間や行程は地道にコンテンツを作るよりは楽ですよね。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述