PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO ウェブマスターオフィスアワー

【まとめ】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2019年12月13日)

投稿日:

JohnMueller

【SEO】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/201912月13日)

2019年12月13日のGoogleウェブマスターハングアウトです。

Googleウェブマスターハングアウト

【Google翻訳】

サブドメインには個別のRobots.txtを含める必要があります

Robots.txtはホスト名とプロトコルごとです。 ページに別のサブドメインまたはドメインのコンテンツが含まれている場合、Googleはプライマリコンテンツのメインドメインのrobots.txtを尊重します。 埋め込みコンテンツの場合、Googleはそれが由来するドメインまたはサブドメインのrobots.txtを調べ、それを尊重します。

Robots.txtが一時的に503の場合、Googleはホスト名からURLをクロールしない

Googleがrobots.txtファイルのクロール中に503を検出した場合、そのホスト名のURLは一時的にクロールされません。

GoogleはRobots.txtを永続的に503 'としてエラーとして扱い、最終的にサイトを通常どおりクロールします

robots.txtが503を長期間返した場合、Googleはこれを永続的なエラーとして扱い、サイトを通常どおりクロールして、発見できるものを確認します。

URL検査ツールがリダイレクトをサイレントに処理してターゲットページを表示する

URLインスペクションツールは通常、入力されたURLではなく、Googleがインデックスを作成するコンテンツを表示します。 リダイレクトがある場合、これはサイレントに処理され、代わりにターゲットページが表示されます。

URL削除ツールは、GoogleによるCanonical URLまたはVisible URLの選択に影響しません

URL削除ツールは、Googleの標準URLまたは表示URLの選択に影響を与えません。単に検索中のページを非表示にします。

クローラーを使用して、移行後にリダイレクトURLへの内部リンクを検出する

DeepCrawlなどのクローラーを使用して、移行後にリダイレクトURLを指す内部リンクを検出します。

Googleは、エスケープされたバージョンとエスケープされていないバージョンのURLとリンクを同等のものとして扱います

URLとリンクのエスケープされたバージョンは、Googleによるエスケープされていないバージョンとまったく同じように扱われます。

SERPで表示するために、AMPページと通常ページの両方に構造化マークアップを含める

構造化マークアップは、AMPと検索で表示されるページの通常バージョンの両方に含める必要があります。 記事のマークアップ。

Googleの検索エンジニアが個々のクエリをデバッグしてランキングを理解できる

Google検索エンジニアは、個々のクエリをデバッグし、ページが現在のようにランキングされている理由を理解できます。

SEOコンサルタントのまとめ

Robotsと503の話題中心。

●サブドメインには個別のRobots.txtを含める必要がある
●robots.txtファイルのクロール中に503を検出した場合そのホスト名のURLは一時的にクロールされない
●Robots.txtを永続的に503エラーとして扱い最終的にサイトを通常どおりクロールする
●URL検査ツールはリダイレクトをサイレントに処理してターゲットページを表示する
●URL削除ツールは、Googleの標準URLの選択に影響を与えず単に検索中のページを非表示にする
●エスケープされたバージョンとエスケープされていないバージョンのURLとリンクを同等に扱う
●AMPと検索で表示されるページの通常バージョンの両方に含める必要がある
●Googleの検索エンジニアが個々のクエリをデバッグしてランキングを理解できる

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO, ウェブマスターオフィスアワー

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述