PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO ウェブマスターオフィスアワー

【まとめ】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2019年12月10日)

投稿日:

JohnMueller

【SEO】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2019年12月10日)

2019年12月10日のGoogleウェブマスターハングアウトです。

Googleウェブマスターハングアウト

【Google翻訳】

ハッキングされたドメインからGooglebotがファイルを処理するのを防ぐために404または410ステータスコードを返す

古いハッキングされたドメインがある場合、Googleが古いURLをクロールしないようにする最善の方法は、ハッキングされたURLにGooglebotがアクセスしたときに404または410ステータスコードを返す上書きファイルをhtaccessに作成することです。 これにより、ファイルの処理とデータベースへの呼び出しが停止されます。

Googleは、サイト構造が変更されたことを検出すると、より頻繁にクロールする場合があります

多数のURLを削除して、Googleが404ページを大量にクロールするようにした場合、サイト構造が変更されたというシグナルとしてこれを受け取ることがあります。 これにより、変更を理解するためにGoogleがサイトをより頻繁にクロールする可能性があります。

410ステータスコードを使用することで結果がより速くなることを保証しません

サイトのセクション全体をインデックスから削除するには、ページに410ステータスコードを含めるのが最適です。 404と410はどちらもGooglebotに異なる信号を表示します。410はページが削除されたことを示す明確な信号です。 ただし、Googleは多数の誤った信号に遭遇するため、これらのステータスコードをヒントとして使用することをMartinが説明したため、410を使用することでより高速な結果が得られる保証はありません。

Chrome DevToolsとGoogleテストツールを使用して、ページのシャドウDOMを確認する

Googlebotが見るものと比較するために、ページのシャドウDOMを検査するには2つの方法があります。 最も簡単な方法は、Chrome DevToolsを使用することです。インスペクター内で、展開できる#シャドウルートが表示されます。これにより、シャドウDOMに含まれているものが表示されます。 任意のテストツールを使用して、レンダリングされたDOMを確認することもできます。これには、シャドウDOMに元々含まれていたものが含まれている必要があります。

Noindex信号がターゲットの正規ページに転送されるリスクはありません

ページにnoindexのマークが付けられ、インデックス可能なページへの標準リンクもある場合、noindex信号がターゲットの標準ページに転送されるリスクはありません。

Googleは、Noindex URLに正規化されたページをNoindexedページとして表示します

インデックスが作成されていないページを指す正規のリンクがある場合、そのページに正規化されたページもインデックスが作成されていないと見なされます。 これは、Googleがそれをnoindexページへのリダイレクトと見なし、したがってドロップするためです。

SEOコンサルタントのまとめ

●ハッキングされたドメインの古いURLをクロールされないようにする方法は404または410ステータスコードを返す上書きファイルをhtaccessに作成すること
●Googleがサイト構造が変更されたと検出するとにクロールする場合がある
●サイトの全体をインデックスから削除するには410ステータスコード(410はページが削除されたことを示す明確な信号)を含めるのが最適。しかし処理が早くなる訳では無い
●noindexがあればターゲットの標準ページに転送されるリスクは無い
●インデックスが作成されていないページを指す正規のリンクがある場合正規化されたページもインデックスが作成されていないと見なされる

【白石】
インデックス系の話題が多かったですね。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO, ウェブマスターオフィスアワー

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述