PR




[PR]ランサーズ

SEO ウェブマスターオフィスアワー

【まとめ】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2019年10月18日)

投稿日:

JohnMueller

JohnMueller

【SEO】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2019年10月18日)

2019年10月18日のGoogleウェブマスターハングアウトです。

Googleウェブマスターハングアウト

【Google翻訳】

Canonicalタグは、モバイルファーストインデックス作成でも、デスクトップサイトとモバイルサイト間で同じままである必要があります

あなたが別のmを持っている場合 サイトのバージョンでは、モバイルファーストインデックス作成にもかかわらず、標準バージョンはデスクトップバージョンを指している必要があります。 これは、Googleが標準タグを使用して、どのページが一緒に属しているかを理解するためです。 内部的には、Googleはモバイルバージョンを標準として選択します。

異なる国のサイトにある同じコンテンツの1つのバージョンのみがインデックスに登録され、GSCパフォーマンスレポートに表示されます

複数の言語バリエーションサイトに同じコンテンツがある場合、Googleは1つを選択してインデックスを作成しますが、ユーザーの場所に基づいてhreflang属性を使用してページのバージョンを交換します。 ただし、インデックスに登録され、標準として使用されているページのみがGSCパフォーマンスレポートに表示されます。

Googleはレンダリングを試みる前にステータスコードページをチェックします

Googleは、コンテンツのレンダリングなど、他の操作を行う前にページのステータスコードを確認します。 これにより、インデックスを作成できるページとレンダリングしないページを特定できます。 たとえば、ページが404を返した場合、Googleはそのページから何もレンダリングしません。

ダークモードオプションを実装しても、サイトのSEOには影響しません

Webサイトにダークモードを実装しても、SEOには影響しません。 これは通常、CSSによって実装されるためです。これは、Googleがサイトをクロール、レンダリング、またはインデックス付けする方法に影響を与えません。

サブドメインまたはサブディレクトリを使用せずに、コンテンツのさまざまな言語バリエーションを公開できます

異なる言語バリエーションのコンテンツは異なるURL上にある必要がありますが、必ずしもサブディレクトリまたはサブドメインに配置する必要はありません。 たとえば、これは異なるパラメーターで実現できます。

Googleが検索結果のページに表示する日付を選択する方法はありません

検索結果に公開日ではなく最終更新日を表示する方法はありません。 ただし、Googleはどの日付を表示するのが最も適切かを判断しようとします。 これは、ページが最初に表示された日付、またはページが最後に更新された日付でもあります。 多くの場合、Googleは日付をまったく表示しません。これは表示する重要なものとして表示されないためです。

Noindexヘッダータグを使用しても、Googleによるページの表示が妨げられることはありません

サイトマップファイルに「noindex X-Robots-Tag」HTTPヘッダーディレクティブを含めても、Googleがファイルを処理する方法には影響しません。 また、CSSファイルなどの他のドキュメントにこのディレクティブを含めることもできます。これは、Googleがそれらを表示する方法に影響を与えず、Web検索に表示されないようにするためです。

テストツールを使用して、サイトにハッキングされているコンテンツがハッキングされているかどうかを特定する

現在表示されている検索エンジンから隠されているコンテンツをハッキングした疑いがある場合、ジョンはGSCのURL検査ツールなどのテストツールを使用して、Googleがこのコンテンツを検出しているかどうかを確認することをお勧めします。

SEOコンサルタントのまとめ

●Canonicalタグはモバイルファーストインデックス作成でもデスクトップサイトとモバイルサイト間で同じままである必要がある
●Googleはレンダリング前にステータスコードページをチェックする
●Webサイトにダークモードを実装してもSEOには影響しない
●コンテンツの様々な言語はサブドメインまたはサブディレクトリを使用せずにパラメーターで公開できる
●Google検索結果に公開日ではなく最終更新日を表示する方法は無い
●サイトマップファイルに「noindex X-Robots-Tag」を使用しても処理には影響しない

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO, ウェブマスターオフィスアワー

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述