PR




[PR]ランサーズ

SEO ウェブマスターオフィスアワー

【まとめ】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2019年8月23日)

更新日:

JohnMueller

【SEO】Googleウェブマスターハングアウト(ジョン・ミューラー氏/2019年8月23日)

2019年8月23日のGoogleウェブマスターハングアウトです。

Googleウェブマスターハングアウト

【Google翻訳】

場所に応じて異なるコンテンツが表示される場合、空または薄いページを提供できます

訪問者の位置に基づいて異なるコンテンツが提供される場合、空のページまたは薄いページがGoogleのインデックスに表示される場合があります。 例えば。 完全なコンテンツページが米国の訪問者に提供され、米国以外の訪問者には提供されない場合、Googlebotが米国からクロールするときにページのインデックスが作成される可能性がありますが、米国以外の訪問者にはコンテンツが表示されません。

URL削除ツールはページを非表示にしますが、クロールまたはインデックス作成には影響しません

URL削除ツールは、検索結果からページを非表示にするだけです。 そのページのクロールとインデックス登録に関しては何も変更されていません。

Robots.txtのページを許可しないか、Noindexの両方ではありません

Googlebotはページをクロールできないため、robots.txtでページのインデックスを作成せずにブロックすると、noindexが表示されなくなります。 代わりに、ジョンはどちらかを使用することをお勧めします。

Googleがさまざまなバージョンの製品をグループ化できるように、JSON-LDでグローバル識別子を使用する

グローバルIDマークアップは便利です。Googleは、同じ製品の異なるバージョンまたは同じ製品を販売する異なるサイトをグループ化できる可能性があります。

GSCの検証済みプロパティを介して送信しない限り、XMLサイトマップには同じパス上のURLを含める必要があります

XMLサイトマップには、同じパス上のURLが含まれている必要があります。 ただし、GSCを介して送信されたサイトマップ内のURLは、GSCアカウント内の任意の有効なプロパティに使用できます。

Googleが初めてクロールするときに、ほぼすべての新しいWebサイトがレンダリングされます

ほぼすべてのWebサイトは、Googleが初めて見たときに2つのインデックス作成の波を通過します。つまり、レンダリングされる前にインデックス登録されません。

Googleは、最初のHTMLとレンダリングされたDOMで見つかったコンテンツを比較して、ページをレンダリングする必要があるかどうかを判断します

Googleは、ページの生のHTMLのコンテンツを初期クロールからレンダリング後にレンダリングされたDOMと比較して、新しいコンテンツがあるかどうかを確認し、今後レンダリングする必要があるかどうかを判断します。

Googleは、レンダリングヒューリスティックを実行するよりもリソース的に安価であるため、より多くのページをレンダリングしています

Googlebotは、複雑なヒューリスティックを実行してレンダリングする必要があるかどうかを判断するよりも、ページをレンダリングする方がリソース的に安価であるため、JavaScriptを実行しない場合でも、レンダリングフェーズに追加するページを増やしています。

Googleのレンダリング機能が向上するにつれて、クロール、レンダリング、インデックス作成がさらに緊密になります

Martinは、Googleのレンダリング機能が向上するにつれて、クロール、レンダリング、インデックス作成がより密接になることを期待しています。 Googleのエンジニアはこれを調査していますが、これがいつ発生するかについてのタイムフレームはまだありません。

JavaScript SEOは、フレームワークの変更、複雑な問題、不十分な実装のために引き続き必要です
JohnとMartinは、Chromeのフレームワークと新しい要素の継続的な変更、技術的な実装の貧弱さ、デバッグの問題の複雑さのために、Googleのレンダリング機能が向上してもJavaScript SEOはなくなるとは考えていません。

JavaScript SEOは、JSがデフォルトで機能する場合の問題のデバッグについてさらに進化する

JavaScript SEOは、今日のテクノロジーの落とし穴を回避することから、JavaScriptがすぐに使えるようになったときに何が問題になるか、問題をデバッグする方法を知ることへと進化していると見ています。 Googleはトラブルシューティングツールを提供することで支援できますが、技術的な理解が必要です。

SEOコンサルタントのまとめ

●場所に応じて異なるコンテンツが表示される場合、空のページ、薄いページがGoogleのインデックスに表示される場合がある。
●URL削除ツールは、検索結果からページを非表示にするだけ。クロール、インデックスには影響しない。
●Googleのレンダリング機能が向上してもJavaScript SEOはなく引き続き必要
●robots.txtでページのインデックスを作成せずにブロックすると、noindexが表示されなくなる。
▼リンク
Noindex Robots.txtを削除するためのGoogle検索コンソール通知
●XMLサイトマップには同じパス上のURLを含める必要がある
▼リンク
Google「URLサイトの2番目に重要なXMLサイトマップ」

[広告]おすすめ記事

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO, ウェブマスターオフィスアワー

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.