PR




[PR]ランサーズ

SEO

Googleが検索アルゴリズムを更新しレズビアン、ティーンなどのポルノコンテンツと検索結果を少なく表示

投稿日:

Googleが検索アルゴリズムを更新しレズビアン、ティーンなどのポルノコンテンツと検索結果を少なく表示

Google検索アルゴリズムを調整して、レズビアン、ティーン、その他のクエリのポルノを少なく表示

【Google翻訳】
Google検索アルゴリズムを調整して、レズビアン、ティーン、その他のクエリのポルノを少なく表示

Googleは明らかに検索アルゴリズムを更新して、レズビアン、ティーン、女子高生、およびその他の関連クエリに関するポルノコンテンツと検索結果を少なく表示するようにしました。 GoogleのPandu Nayak氏はThe Next Webに対し、「ポルノ以外の方法で単語が解釈される理由がある場合、その解釈が提案された場合に対策を講じました。」

これは、同性愛者のプライドの月の時間枠で、サイト所有者が自分のサイトがこうした種類の用語で表示されず、代わりにより多くのアダルト向けサイトが返されるのを見たときに発生しました。 「多くの言語やさまざまな研究で、このような問題があることを認識しています。 NayakはNumeramaに次のように語っています。 「単語がポルノ以外の方法で解釈される理由がある場合、その解釈が提案される場合に対策を講じました。」

ネクストウェブは、「Googleの検索アルゴリズムの更新は、レズビアンの包摂性と表現に向けた大きな一歩です。しかし、ナヤックは、「女子高生」や「10代」などの用語がポルノの結果をもたらすことが多いと言及しましたが、Googleは、これも。"

興味深いことに、これはアダルトサイトだけでなくウェブ全体にどのような影響を与えたのでしょうか?

この記事には、GoogleのPandu Nayakからの引用が含まれています

だから、これは6月頃に起こったのではないか(下記のアップデートを参照、7月中旬にローンチ)、6月のコアアップデートの頃か、そのアップデートとはまったく関係ないのかもしれない。

6月または7月にブラックハットフォーラムで不平を言っているアダルトサイトからの不満はありませんでしたが、正直なところ、これは私があまり時間をかけない分野です。

Twitterでのフォーラムディスカッション。

更新:これは7月中旬に開始されました:

■Danny Sullivan(ダニーサリバン)氏
「7月中旬。」

SEOコンサルタントのまとめ

アダルトコンテンツ、児童ポルノについては当然の流れですよね。。。

[広告]おすすめ記事

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

[PR]サクラサクLABO

SEOコンサルタント
[PR]SEOコンサルティングサービス - サクラサクLABO
seoコンサルティングサービスとは、貴社サイトを徹底的に分析し、サイト内部改善、阻害要因排除、外部施策と、総合的に最適化し、検索流入を増加させるサービスです。

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.