PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

【まとめ】Googleアルゴリズムの更新「ページエクスペリエンス」(Core Web Vitals)の確認

投稿日:

コンテンツが面白くないと

【まとめ】Googleアルゴリズムの更新「ページエクスペリエンス」(Core Web Vitals)の確認

「Core Web Vitals(コア ウェブ バイタル)」が「ページエクスペリエンス」としてアルゴリズム要因となる件。

Googleページエクスペリエンスの更新-来年リリースされるGoogleの次のアルゴリズムの更新

【Google翻訳】
Googleページエクスペリエンスの更新-来年リリースされるGoogleの次のアルゴリズムの更新

Googleは2021年のいつかリリースされる新しいアルゴリズムの更新を発表しました。Googleのページエクスペリエンス更新という名前の検索エンジンランドでの私の昨日の記事で詳しく説明しました。私は個人的に、この更新について狂気に陥るつもりはありません。これは、Googleがすでにすべてを1つの新しい名前にまとめた「ページエクスペリエンス」のアルゴリズムを備えた多くのものです。

このアルゴリズムの更新は事前に通知されており、2021年のいずれかになるまで公開されないことに注意することが重要です。Googleは、6か月前に通知を行うと述べています。したがって、現時点で少なくとも6か月と1日は準備ができています。しかし、正直に言うとおそらくもっと長い。

このページエクスペリエンスアップデートでは要素を確認します。 Googleの多くはすでにそのように見えます。これには、ページ速度、モバイルフレンドリー、安全なブラウジング、HTTPS、侵入型のインタースティシャルなどがあり、レイアウトの変更もあります。ページの速度と累積的なレイアウトの変化は、今週多く取り上げてきた "Core Web Vitals"から来ています。

これは、GoogleがこのGoogle Page Experience updateの一部を説明するために出てきた気の利いたチャートです。

繰り返しになりますが、このすべてがすでにありました。 現在、ページ速度は最大コンテンツフルペイント(LCP)と最初の入力遅延(FID)を使用しています。 LCPは、ロードパフォーマンスを測定します。 優れたユーザーエクスペリエンスを提供するには、ページが最初にロードを開始してから2.5秒以内にLCPが発生する必要があります。 FIDは対話性を測定します。 優れたユーザーエクスペリエンスを提供するには、ページのFIDが100ミリ秒未満である必要があります。

新しいものは、視覚的な安定性を測定する累積レイアウトシフト(CLS)です。 優れたユーザーエクスペリエンスを提供するには、ページのCLSを0.1未満に維持する必要があります。 Googleは、累積レイアウトシフト(CLS)は、ユーザーが予期しないレイアウトシフトを経験する頻度を定量化するのに役立つため、視覚的安定性を測定するためのユーザー中心の重要な指標であると述べています。

そのため、要素が含まれているページが次の煩わしい方法でページ内を移動することは望ましくありません。

これの残りを箇条書きにして、これらのナゲットをすばやく効率的に使用して消費できるようにします。

●Googleには、ページエクスペリエンスアップデートという新しいアルゴリズムアップデートがあります。
●コアWebバイタル以外では、まったく新しいものはあまりありません
●コアWebの重要なメトリックは、累積的なレイアウトシフト以外ではそれほど新しいものではありません
●これは現在ライブではなく、2021年のいつかになるまで続きます
●Googleは、いつか公開される日付を教えてくれます
●この日付を指定すると、6か月前に通知が届くので、準備する時間があります。
●これにより、AMPの必要性が多少なくなります
●モバイルでは、2021年にリリースされると、AMP以外のページでトップストーリーが利用可能になります
●ページエクスペリエンススコアは、AMPではなく、トップストーリーの選択に大きな役割を果たす
●ほとんどのAMPページは、すぐに使用できるページエクスペリエンスで優れたスコアを示します
●私の意見では、ページエクスペリエンスは、小さな要因であるHTTPSやページ速度に似た大きな指標にはなりません
●グーグルは、優れたコンテンツがさらに重要であり、優れたコンテンツを含むページは、貧弱なページエクスペリエンスでもランク付けできると述べました
●これがどれほど大きな更新になるかはわかりませんが、Googleはまだわかりません。

この発表について、検索エンジンランドに関する2つのより大きな記事(ページエクスペリエンスの更新とAMPの要件)を持っていますが、一言でそれを知る必要があるのはそれだけです。 詳細がわかり次第、お送りします。

この開発者向けドキュメントで、Google検索結果のページエクスペリエンスについてを確認することもできます。 これは、(a)ページエクスペリエンスがランキングにどのように影響するかを理解する、(b)ページエクスペリエンスシグナル、および(c)ページエクスペリエンスを最適化するを通過します。

要するに、私は全体的にこれは良いことだと思います-このアップデートでサイトは良くなるはずです。 しかし、私はそれについて慌てる必要はないと思います。

グーグルはまた、業界の何人かの人々との円卓会議を持ちました。 Glenn GabeとAleyda Solisによる円卓会議に関するツイートは次のとおりです。

まず、更新は他のアルゴ(https、モバイルフレンドリーなど)と同様にページレベルになりますが、同じ問題のあるページが多数ある場合、すべてに影響が及ぶ可能性があります。 どれほどの影響があるかはまだわかりません。 軽量かもしれないし、もっと強いかもしれない。 しかし、再び、ページレベル。

トップストーリーの対象となる*最小*のバイタルスコアはありません。 彼らはすべてのページがトップストーリーの対象になることを望んでいます。 ただし、ページエクスペリエンスの更新は、ランキングの要素として考慮されます。

ページエクスペリエンスの更新では、新しいコアWebバイタルと、モバイルフレンドリー、https、モバイルポップアップアルゴなどの以前の要素が組み合わされます。これらは強度的に変化するかどうか尋ねました。 彼らはそれについて共有するものは何もありませんでした。 私の推測はノーですが、何でも可能です。

昨日共有したページをCLSスコア1.98と表示して、コンテンツが優れていても見つけられないことを説明しました。 :)彼らはそれが彼らが考慮に入れるものであるかもしれないようであると理解した。 この時点で言うのは難しいが、注目に値する。

将来的に新しいコアWeb Vitalが追加されても、誰にもショックはないはずです。 それは突然ではありません。 メトリックは、について書かれ、話し合い、文書化されます。

「ランキング要素としての新しいページエクスペリエンスの全体的なシグナル」に関するGoogleの以前の発表の後にhttps://webmasters.googleblog.com/2020/05/evaluating-page-experience.html…-私はいくつかの疑問を明確にする機会がありました Googleの担当チームとのQ&A、ここにいくつかの洞察があります...

ユーザーに表示される代替AMPがページにある場合、Googleはユーザーに表示されるAMPページであるため、ページエクスペリエンスシグナルを評価するためにAMPページを考慮します。

*ランキング信号はページレベルであり、横幅ではありません。

*モバイルに重点を置いたCore Web Vitalsの指標を、モバイル検索ランキングとデスクトップランキングのデスクトップで採用するかどうか尋ねられましたが、まだ明確ではありませんでした。 将来的に確認が来ることを願っています

*「ページエクスペリエンス」で考慮される信号は進化し、毎年更新されます。

*そして確認:ランキング信号としての新しいページエクスペリエンスは来年まで発生しないので、必要があれば物事を改善するのに十分な時間があります:)

Core Web VitalsがGoogle検索のランキング要因になるアップデートに関する疑問に回答してみた

▼日本語での質問、回答はこちらにあります。

Google、UX関連の新しいランキングシグナル導入を予告、2021年以降

●ページエクスペリエンスを評価するランキングシグナル導入を予告、既存のページエクスペリエンス関連シグナルと、先日発表した Core Web Vitals の組み合わせ
●新型コロナの影響もあり、年内導入はなし。また、正式導入の少なくとも半年前には告知する
●ページエクスペリエンスも重要だが、優れた関連性の高いコンテンツがもっと重要、優れたエクスペリエンスがだめなコンテンツを帳消しにすることはない

資料

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述