PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

Google「Web検索に製品画像のスキーマはありません」

投稿日:

Google:Web検索に製品画像のスキーマはありません

【Google翻訳】
GoogleのJohnMuellerは、Googleが製品結果のWeb検索結果に表示する画像をより適切に制御する方法があるかどうか尋ねられました。 答えは実際にはそうではありません。Googleのためにこれらを制御または定義するのに役立つスキーマまたは構造化データはありません、とジョンは言いました。 彼は、グーグルがスニペットのためにそれらを表示したいかどうかを自分で決めるだけだと言った。

Webの結果で製品の画像を長い間見てきましたが、場合によってはそうでないこともあります。 [sofas]でのクエリの例を次に示します。

Johnは、おそらくGoogleがこれらのスニペットに関するヘルプドキュメントを追加するので、これがコミュニティにとってより明確になると付け加えました。

これは、この質問が入った10:54の時点で発生しました。

質問:
私は最近、検索中央のGoogleにドキュメントがないため、画像タブではなく、検索で直接オーガニック検索結果に表示される画像について、さらに情報を見つけようとしています。 そして、私はいくつかの違いの画像についていくつかの一般的なことを見つけようとしますが、解像度やサイズ、またはランキングの位置に関連するものは何も見られません。 それで、これは単なるテストですか、それとも今後のドキュメントがありますか? これらの画像スニペットに関する情報はありますか?

答え:

私たちの側から見ると、これらは基本的に一種のスニペットであるため、ページで実行している特定のマークアップに基づいていません。ページで定義するのは具体的なことではありません。これらの画像がこれらのページにあることを認識しているだけです。何らかの理由で、一部の画像またはこれらのスニペット画像の種類を表示しているユーザーにとって、クリックする結果を決定するのに役立つとアルゴリズムは考えています。つまり、私たちの側から見ると、そうです、画像とスニペットを表示しています。以前はそれほど多くのことをしていなかったと思いますが、それは、おそらくあなたがしないと決める以外に、あなたが制御できる特定のものに基づいていません。これらのページの画像にインデックスを付け、画像インデックスなしのメタタグのように使用したい。ただし、これらの画像にインデックスを付けたり、スニペットにこれらの画像を表示したりする必要があるとは言えません。基本的には、ページから画像を選択しています。

少なくとも、スニペットに画像を表示していることと、それを簡単に制御できるものではないことを文書化する必要があります。それは良い点です。

埋め込まれたビデオは次のとおりです。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2022 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述