PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

コンテンツでのキーワードの使用方法に関する Google

投稿日:

JohnMueller

コンテンツでのキーワードの使用方法に関する Google

【Google翻訳】
ジョン・ミューラーは、ページ上でキーワードを何回使用するか、およびトピックに対応する単語の価値についての質問に答える
Google の John Mueller は、検索が進歩したために、H1、メタ タグ、およびページ上のキーワードをターゲットにするのは時代遅れではないかと答えました。 ジョンは、キーワードを (制限内で) 使用し、単語をトピックに正しくマッピングすることの価値を確認しました。

キーワード数についての質問

質問者は、コンテンツでのキーワードの使用を指定する「指示」があると述べました。 彼は、指令が時代遅れではないかと疑った。
質問は次のとおりです。

「キーワード、具体的にはメタ タグのターゲット キーワードを使用するよう指示があります。ここで H1 で使用し、コンテンツの一部で何度も使用します。

特に、セマンティック検索のすべての進歩と、すべてのクールな MUM など、パイプを通過する他のすべてのものを考えると、それは本当に時代遅れに思えます。

…基本的な質問ですが、それは今でも正当な SEO 戦術だと思いますか?

それとも、この特定のキーワードをページ上でこれほど多く使用することに集中するべきではありませんか?」

コンテンツ内のキーワード比率

John Mueller は、最初に、記事の中でキーワードが一定回数言及される必要があるという部分に答えました。

これは、キーワード フレーズが Web ページで言及される回数の割合であるキーワード比率への参照です。

Google のアルゴリズムは、ページ上で一定の割合でターゲット キーワードを特徴とするコンテンツによく反応すると考えられています。

たとえば、上位のサイトをクロールし、ターゲット キーワード フレーズのキーワード比率やその他の推奨事項を提案するコンテンツ作成ソフトウェアがいくつかあります。

キーワードに一定の回数言及するという考え方は、Google よりも前の初期の検索エンジンにまでさかのぼります。
ジョン・ミューラーの答え:

「一般的に、ページでキーワードを使用する回数は、それほど重要ではなく、理にかなっているとは思いません。

通常、自然に書いているときは、それは自動的に解決します。」

キーワードの使用は重要ですが、集中しすぎないでください

次にミューラーは、キーワードを使用することの重要性を断言しますが、キーワードにこだわりすぎることにも注意を向けます。
ミューラーの答え:

また、個々のキーワードに関しては、完全に無視するわけではありませんが、正確なキーワードに焦点を当てすぎることはないと思います。

そのため、特に、単数形と複数形、または個々の単語の異なる書き方のようなものです。それはおそらくあなたが心配する必要のないことです。

しかし、あなたのサイトが何についてのものであり、何のために見つけてもらいたいかなどについて言及することは、私が引き続き行うことです.

特に、ニュース記事のようなものを見たときに目にすることがあるのは、ニュースサイトが SEO を本当に理解していない場合、より多くの方法で記事を書く可能性があります.意味は理解できますが、ページで使用されている正確な単語は、そのトピックに正確に対応しているわけではありません。

そのため、SEO の観点から、ランク付けしたいものがある場合は、ページでそれについて言及します。

メンションの数を多用するつもりはありません。すべての同義語やさまざまな書き方を取り上げるつもりはありません。

しかし、少なくとも一度は言及するのと同じように、間違いなく理にかなっています。」

キーワードは重要ですが、単語数は重要ではありませんか?

ミューラー氏は、コンテンツにキーワードを使用することの価値を確認し、ページで使用される単語がトピックに対応することが重要であると述べています。 それは彼が将来的に拡張するのを聞くと興味深いトピックのようです.

English Google SEO office-hours from June 4, 2021

SEOコンサルタントのまとめ

ジョン・ミューラー氏
「一般的に、ページでキーワードを使用する回数は、それほど重要ではなく、理にかなっているとは思いません。通常、自然に書いているときは、それは自動的に解決します。」

▼かなり昔に「キーワードの割合」は重要でなくなってきました。しかし昔のSEOしか知らない方は、まだキーワードの比率を気にしていたりします。私も聞かれたことがあります。

ジョン・ミューラー氏
SEO の観点から、ランク付けしたいものがある場合は、ページでそれについて言及します。
メンションの数を多用するつもりはありません。すべての同義語やさまざまな書き方を取り上げるつもりはありません。
しかし、少なくとも一度は言及するのと同じように、間違いなく理にかなっています。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2021 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述