PR




[PR]ランサーズ

SEO

GoogleネガティブSEO攻撃応答:これらのリンクは効果がありません

投稿日:

GoogleネガティブSEO攻撃応答:これらのリンクは効果がありません

GoogleネガティブSEO攻撃応答:これらのリンクは効果がありません

【Google翻訳】
GoogleネガティブSEO攻撃応答:これらのリンクは効果がありません
GoogleはネガティブSEOは本当に問題ではないと言っており、長年にわたってそれを言ってきました。 ただし、SEOによって提起された特定の懸念にGoogle社員が反応するのはまれです。 しかし、それは先日Googleのジョン・ミューラーがやったことです。

ジョンはTwitterの特定の例に答えて、「サイトを見て、そこにseoの悪影響は見られない」と言った。 次に、「これらのリンクのほとんどはまったく効果がありません」と付け加えました。 彼は一般に「サイトは時間の経過とともにあらゆる種類の奇妙でスパムのある場所からリンクを収集する」と言いました。

元の質問は次のとおりです。

■Danny Sullivan(ダニーサリバン)氏(@dannysullivan)
楽しみにしてます!
@dannysullivan 11月9日にネガティブSEO攻撃を受ける可能性があると考え、否認リストを提出しました。しかし、金の専門家(http://bit.ly/33eekd2)は私に必要はないと言ったので、ファイルを削除しました 数日後。 スパムリンクを否認する必要がある場合、アドバイスを求めることはできますか?

『私は@JohnMuに従うことにしますが、私たちは一般的にそれをオプションのものと考えています。』

ジョンの応答は次のとおりです。

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
「ガイダンス付きのかなりまともなヘルプページがあります。 それは本当にあなたが手動のアクションを手に入れたか、あなたがすぐにそれを得るかもしれない何かをしたと思う場合にのみです:」

『FWIWがサイトを見ると、そこに負のseo効果は見られません。 投稿されたフォーラムの他のサイトと同様に、これらのリンクのほとんどはまったく効果がありません。サイトは、時間の経過とともにあらゆる種類の奇妙でスパムの多い場所からリンクを収集します。』

SEOコンサルタントのまとめ

リンクの否認についてですね。
Googleは無効にするかペナルティにするか、サイトによりますね。。

Googleの被リンクについてのコメント

Googleが言うには「不自然リンクとスパムリンクは違う。スパムサイトから張られた自然なリンクだってありうる」[海外SEO情報ブログ]
リンクを否認すべきかどうかをミューラー氏は尋ねられました。 Googleのジョン・ミューラー氏 不自然なリンクではなく、ただ単にスパムサイトから張られただけなのであれば、私なら無視する。もっと大切な問題のために時間を取っておきなさい。 (海外SEO情報ブログ より)
ミューラー氏が意味する「不自然なリンク」と「スパムサイトからの単なるリンク」は、きっと次のようなものになるはずです。 不自然なリンク――検索順位を操作するために、サイト管理者が自らの意志で獲得した不正なリンク。たとえば自作自演リンクや有料リンク、ディレクトリへの登録、過度な相互リンク スパムサイトからの単なるリンク――自分がまったく関与しない、一方的に張られたスパムサイトからのリンク (海外SEO情報ブログ より)
Googleのジョン・ミューラー氏 『良いサイトから不自然なサイトを獲得することがありうるし、一方でスパムサイトから自然なリンクを獲得することだってありうる。』 (海外SEO情報ブログ より)
『関わっていないのであれば、スパムサイトからのリンクを気にする必要はない。 Google 側できちんと無効化する。』 (海外SEO情報ブログ より)

「リンクの否認」を使っても良いか?

Q. おかしなリンクが大量にあるので否認ツールを使いたい。問題ないか? ●Googleジョン・ミューラー氏の回答 以前のSEO業者が付けたような、自分が関与しない怪しいリンクがあるならリンクの否認ツールを使ってかまわない。 とはいえ、リンクを毎週毎週チェックして、気に入らないリンクが5本増えたから否認するといったことまではしなくていい。Google 側で処理する。 否認ツールを頻繁に使ったからといってサイトの評価に影響することはない。 良いリンクと悪いリンクの両方が多くのサイトには普通は張られているもの。海外SEO情報ブログ より)

「リンクの否認」を使ってもサイトの評価には影響しない

▼Googleジョン・ミューラー氏の回答を整理しますと、まず 『気に入らないリンクが5本増えたから否認するといったことまではしなくていい。Google 側で処理する。』 と言っています。 つまり「このサイトからリンクされているよ。うちのサイトの評価が落ちるんじゃない?」 と思ったとしても、Google側で処理してくれるので何もする必要がない。 つまりサイトには影響しない、という事です。 しかしどうしても気になって仕方がない場合は、 『否認ツールを頻繁に使ったからといってサイトの評価に影響することはない。』 とありますので「リンクの否認」を行っても良いという事です。 そして 『良いリンクと悪いリンクの両方が多くのサイトには普通は張られているもの。』 という事を言っています。これについては以前も同様の発言をしていました。 結論としては、変なサイトからリンクが貼られても、それを嫌がってリンクの否認をしても、 いづれにしてもサイトの評価には影響が無いということです。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2019 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述