【SEO】Google公式SEOチェックツール「Lighthouse」

PR



SEO】Google公式SEOチェックツール「Lighthouse」

PR




Google公式SEOチェックツールの記事

グーグルが公式SEOチェックツールを公開[WEB担]

SEOに関係した設定がサイトできちんとできているかどうかをチェックできるChrome拡張をグーグルが公開した。

正確には、新規公開ではなく既存の拡張にSEO監査項目を追加した形になる。Lighthouse(ライトハウス)というChrome拡張機能だ。

※筆者補足: 開発版Chrome(Canary)では、拡張をインストールせずにデベロッパーツールのLighthouseから利用可能
Lighthouseを使うと、ページのパフォーマンスやアクセシビリティ、PWAの対応状況などを検証できる。これにSEOの項目が加わったのだ。

インストールすると灯台のアイコンがChromeのツールバーに追加される(Lighthouseは「灯台」のこと)。アイコンをクリックし、Optionsから「SEO」を選択する。

Google公式SEOチェックツール「Lighthouse」

Lighthouse


提供サイト: https://developers.google.com/web

Google公式SEOチェックツール「Lighthouse」でチェック

Google公式SEOチェックツール「Lighthouse」でチェックしてみました。

1:ツールバーにある東大のアイコンをクリック

2:「Generate report」をクリック

3:処理中は「Lighthouseがこのブラウザをデバッグしています」と表示。

4:結果が表示されます。

SEOコンサルタントの感想

このサイト「SEOコンサルタント.com」の『SEO』項目は【90】でした!
これはいい点数ですよね・・?

記事にも書いてありますが、順位決定の要因は数百あるということなので、これだけのチェック、10項目ではほんの一部ということになります。
あくまで初心者やSEOを全く行っていないサイト向け、SEOに詳しい方にはお遊び程度という感じですね。

SEOまんが

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/プロローグ『SEOコンサルタント登場』

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/第1話『SEO・内部対策をしよう!』

SEO関連著書

【本の情報】
■出版社:宝島社
■タイトル:『DeNAと万引きメディアの大罪』
■ページ: 240ページ
■著者:別冊宝島編集部 (編集)
※白石竜次は寄稿

SEO情報アンテナ

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト管理者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。

SEOコンサルタント問い合わせ
SEOコンサルタント問い合わせ
[PR]サクラサクLABO
SEOコンサルタント
[PR]SEOコンサルティングサービス – サクラサクLABO
seoコンサルティングサービスとは、貴社サイトを徹底的に分析し、サイト内部改善、阻害要因排除、外部施策と、総合的に最適化し、検索流入を増加させるサービスです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク