PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

Google「検索結果ページのインデックス作成はインデックスページの問題を減らす」

投稿日:

JohnMueller

Google「検索結果ページのインデックス作成はインデックスページの問題を減らす」

Google:検索結果ページのインデックス作成はインデックスページの問題を減らす

【Google翻訳】
Google:検索結果ページのインデックス作成はインデックスページの問題を減らす

GoogleのJohn Muellerは、「Webサーバー上のrobots.txtファイルを使用して、検索結果ページなどの無限のスペースのクロールを防止することでクロール予算を管理する」というGoogleのガイドラインに関するコメントに応答しました。 彼は、これはスパムに関するものではなく、「互いに競合する無駄なページでインデックス化されたコンテンツを整理する」ことだと言いました。

彼はこれをTwitterに投稿しました。

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
LOL、間違いなくほとんどのサイトのアプローチではありませんが、より強力なカテゴリページのような検索結果を使用するサイトを支援しました。 彼らはそのアプローチで非常にうまくやっています。 しかし、ほとんどのサイトではそうではありません。 🙂

これは通常、スパム/非スパムの状況ではありませんが、互いに競合する役に立たないページでインデックス化されたコンテンツを整理することについての詳細です。 スパムというよりも戦略の問題。

この会話からのリリー・レイの元のツイートは次のとおりです。

Google:内部検索結果ページのクロールを防止します!
また、Google:*常にページ1の内部検索結果ページをランク付けします*

2007年、Googleは内部検索結果のインデックス登録をブロックするようウェブマスターに指示しました。 元のガイドラインには、「robots.txtを使用して、検索結果ページや、検索エンジンからアクセスするユーザーにとってあまり価値のない自動生成ページのクロールを防止する」と書かれていました。 「Webサーバー上のrobots.txtファイルを使用して、検索結果ページなどの無限のスペースのクロールを防止することでクロール予算を管理します」と表示されるようになりました。

それから10年後、GoogleのJohn Muellerが、Googleが検索結果ページをインデックスに入れたくない理由を説明しました。 彼は「彼らは無限のスペース(クロール)を作り、それらはしばしば低品質のページであり、しばしば空の検索結果/ソフト404につながる」と述べた。

ですから、それは本当にスパムに関するものではありませんでしたが、Googleほど関連のないページをブロックしていました。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述