【SEO】Google「1つのミスやスパムの行為があったとしてもランキングに表示されないわけではない」

PR



SEO】Google「1つのミスやスパムの行為があったとしても、ランキングに表示されないわけではない」

Googleのジョンミューラー氏がスパム行為についてコメント。

PR




SEO研究所】サクラサクLABO

Google-John Mueller氏、「キーワード詰め込みなど1つのミスやスパムの行為があったとしても、ランキングに表示されないわけではない。」とツイッターで言及。

間違って迷惑メールを犯した場合でもGoogleでランク付けできます

Google: You Can Rank In Google Even When You Spam By Mistake

【Google翻訳】
Google:間違って迷惑メールを犯した場合でもGoogleでランク付けできます
※「迷惑メール」ではなく「スパム行為」だと思われます

GoogleのJohn Muellerは、あなたが間違いを犯したり、あなたのサイトにキーワードの詰まりやその他のスパムミスをしたとしても、そのサイトが行っている肯定的な事柄のためにサイトがGoogleにランク付けされる可能性があると語った。 「通常、私たちは他の要因のためランキングに入っているだけです。間違ったことをしても検索結果に決して表示されるわけではありません。

これは、グーグルのガイドラインに反して、悲惨な金額のキーワードを詰め込んだサイトがまだGoogleでよくランク付けされていると不満を表明したユーザーに対応したものです。 ジョンは、「通常、私たちは他の要因のためにランキングしているだけです。間違っていても検索結果に決して表示されるわけではありません」 彼は「サイトの多くは間違っているが、まだ有用だ」と付け加えた。

その人はジョンの後に、彼がキーワードスタッフィングをしている人物に従わないと答え、ジョンはそれは良いアプローチだと答えた。

SEOコンサルタントの感想

「必ずしもそうではない」という話ですね。
Googleがコンテンツを非常に評価しているサイトが少しくらいのスパム行為を結果的にしてしまって
いたとしても簡単にはペナルティにはならないという話。
かと思えば気を付けていて悪意が無いのに何かの理由でペナルティになってしまう場合もあります。

SEO・IT漫画「ウェブマブ!」

マンガボックスインディーズ

「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」
「ウェブマブ!」6話(11P)「対策キーワードは?」

LINEマンガインディーズ

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」
「ウェブマブ!」6話(11P)「対策キーワードは?」

少年ジャンプルーキー

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」
「ウェブマブ!」6話(11P)「対策キーワードは?」

SEO情報アンテナ

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト管理者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。

SEOコンサルタント問い合わせ
SEOコンサルタント問い合わせ
[PR]サクラサクLABO
SEOコンサルタント
[PR]SEOコンサルティングサービス – サクラサクLABO
seoコンサルティングサービスとは、貴社サイトを徹底的に分析し、サイト内部改善、阻害要因排除、外部施策と、総合的に最適化し、検索流入を増加させるサービスです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク