PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

Googleの検索アルゴリズムでインターネット上の皮肉を検出して除外できるか?

投稿日:

1-3

Googleの検索アルゴリズムでインターネット上の皮肉を検出して除外できるか?

Googleは皮肉を検出できますか?

【Google翻訳】
Googleは皮肉を検出できますか?

誰かがGoogleのジョンミューラーに、Googleの検索アルゴリズムでインターネット上の皮肉を検出して除外できるかどうか尋ねました。 グーグルが皮肉を検出できるかどうかは興味深い質問ですが、実際、私はその概念に関する大量の論文を見ています。 しかし、私はそれについて(個人的に)Googleが話すのを見たことがありません。

ジョンはツイッターでこれについて尋ねられたとき、彼は皮肉で応答し、「Nit:皮肉は駄洒落ではない:)」と答えました。 「人々はあらゆる種類の奇妙な方法で物事について書いています。私たちはオンラインで利用できるもので間に合わなければなりません。人々は驚くほど異なる方法で検索するので、それはまあまあであると思う」と彼は付け加えた。

一般に、Google社員は皮肉の高用量に取り組んでいます。 これは、多くのGoogle社員に共通の特徴です。

ここにそれらのつぶやきがあります:

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
「@JohnMu Jさん、アルゴはコンテンツ内の皮肉を除外できますか? 彼らが「おおおおおお、地球は本当に平らだ、科学はそれを結局証明しているようだ」とおかしな言葉で書いたからといって、捜索から外されたくない。 @googlewmc」
 ↓
『Nit:皮肉は駄洒落ではない:)。
人々はあらゆる種類の奇妙な方法で物事について書いています、私たちはオンラインで利用できるもので間に合わなければなりません。 人々はまた驚くほど異なる方法で検索するので、それはちょっと均等になると思います:)』

今のところGoogle検索で皮肉を除外する方法は見当たらないので、Googleが皮肉を追加することはないと思います。 しかし、誰が自分でこれを行うために何かを思いつくかは誰にもわかりません。

SEOコンサルタントのまとめ

SEOコンサルタント白石(パンダ)
SEOコンサルタント白石(パンダ)
現在のGoogleのアルゴリズムでは、ストレートな悪口ですら放置ですから、皮肉は難しいでしょうね。
そもそも受け取り方によって意味が変わりますから、わかった所で放置ではないでしょうか?

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述