PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

アクセシビリティが検索ランキング要素になる?⇒Google「言わないけど計画は知らない」

投稿日:

4-5

アクセシビリティが検索ランキング要素になる?⇒Google「言わないけど計画は知らない」

グーグル:アクセシビリティが検索ランキング要素になることは決してないだろうと言うことは決してないだろう

【Google翻訳】
グーグル:アクセシビリティが検索ランキング要素になることは決してないだろうと言うことは決してないだろう

私が覚えている限り、Googleは常に、クロール、インデックス付け、ランク付け、不完全なWebを行う必要があると述べてきました。 つまり、マークアップ、文法、タイプミス、アクセシビリティを考慮して構築されていないサイトなどです。 GoogleのJohn Mueller氏は、アクセシビリティがGoogleのランキング要素になると思うかどうか尋ねられました。

ジョンはTwitterで「私は決して言わない」と答えた。 「しかし、当面の計画は知らない」と付け加えた。

ジョンは、時間が経つにつれて、アクセシビリティを真剣に受けていないサイトは、他の理由でランク付けされなくなる可能性があると述べた。 「しかし、一般的に、サイトが使いづらいときは、とにかく人々はそのサイトから離れるので、時間の経過とともに、推奨事項やその他の信号などが失われ、検索結果でサイトが見えにくくなる可能性があります。」

しかし、Googleは特にランキングアルゴリズムでアクセシビリティを使用するでしょうか?

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
@JohnMu-グーグルが検索結果のランキングでアクセシビリティ指標を考慮に入れる可能性はありますか?

『決して言うつもりはありませんが、当面の計画は知りません。 ただし、一般に、サイトが使いづらい場合、ユーザーはとにかくサイトから離れます。そのため、時間の経過とともに、推奨事項やその他の信号などが失われ、サイトが検索結果に表示されなくなる傾向があります。』

SEOコンサルタントのまとめ

SEOコンサルタント白石(パンダ)
SEOコンサルタント白石(パンダ)
よく言われている事ですけど、サイトスピードの件と同様に、
アクセシビリティを良くする事はSEO関係なくすべき、ですね。
結局UXの悪いサイトって目に見えないだけでユーザーは離れていると思いますよ。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述