【SEOセミナー】コンテンツSEOのよくある失敗…フルスピード

SEO】コンテンツSEOのよくある失敗…フルスピード

フルスピードさんのセミナーを受けたレポート・感想です。

効果的SEM戦略を語るデジタルマーケティング実践講座

効果的SEM戦略を語るデジタルマーケティング実践講座
2018年10月10日(水) 13:30~16:30 @アクセス渋谷フォーラム(渋谷クロスタワー24F)

フルスピード

株式会社フルスピード Full Speed Inc.
https://www.fullspeed.co.jp/

フルスピードセミナー

■BtoBマーケティングセミナー
~コンテンツSEOによるリード拡大方法とは~

KWとの関連性

▼2018年8月にGoogle変動。
変動が大きかった。
★フルスピードの推測
『対策KWにマッチしたコンテンツは順位が上がりマッチしていないコンテンツは下がった』
『KWとの関連性』

コンテンツSEO

「選ぶのは面倒くさい時代」「広告はうざい」
<注意をひきつける>⇒<発見される>が重要
「発見されるには?」⇒検索エンジンを接点にする⇒コンテンツSEO
⇒潜在層に提供する。

【記事コンテンツ事例】
<シュレッダー会社>
「シュレッダーの切れ味を改善するコツ」
「プライバシーマーク取得」

などの記事

B2Bでは今後
「非対面化(コミュニケーション)」85%
「クローズ間近」57%
・長くなる検討期間での接触頻度を高められる
⇒検討期間にコンテンツを見る、など

コンテンツSEOのよくある失敗

※失敗例『検索意図を無視したスタイル』
・タイトルとKW一致の重要性

「リフォームと費用の話」
「リフォーム費用工事にかかった納得できる金額の話」

■検索結果の例
KW「テレアポトーク」の検索結果
上位がほとんど営業マン向け
KW「トークスクリプト」
上位がマネージャー向け

■検索意図の種類
1『ナビゲーショナルクエリ』
2『トランザクションクエリ』
…行動。KW「渋谷 ランチ」だと渋谷に店を出店する方法ではなく食べに行く店。
3『インフォメーショナルクエリ』
‥‥KW「履歴書 書き方」など

理解するには⇒検索結果を見る

※失敗例『サイト運営者が書きたいことだけ書いてしまう』
共起語なども考慮する

※失敗例『文字数を増やそうとして不必要な内容を書く』
必ずしも「文字数が多ければ良い」わけではない。
だいたい1000~2000文字。

※失敗例『記事を更新しないで放置』
検索意図が変わった例
KW「マイナンバー」

▼コンテンツSEOの悩み
・検索意図の把握
・コンテンツのネタ
・各時間労力
・上司の許可

このような方にサービスを提供。

SEOコンサルタントの感想

「コンテンツSEOのよくある失敗」という、失敗例を紹介してくれたのは
大変勉強になりました。
そして、「検索意図」が本当に重要であり、メインのSEOだと感じました。

SEO・IT漫画「ウェブマブ!」

DAYS NEO -デイズ ネオ-

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」

マンガボックスインディーズ

「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」

LINEマンガインディーズ

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」

マガジンデビュー

「ウェブマブ!」TOP

「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」

少年ジャンプルーキー

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」

マンガハック

「ウェブマブ!」TOP

「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」

COMICO(コミコ)

「ウェブマブ!」TOP

スポンサーリンク
PR