PR




[PR]ランサーズ

SEO

Google「ページの一部を個別にインデックス付けするのではない」

投稿日:

Google「ページの一部を個別にインデックス付けするのではない」

Google:ページの一部を独立してインデックス化しない

【Google翻訳】
Google:ページの一部を独立してインデックス化しない

GoogleはURLとそのURLのコンテンツ全体をインデックスに登録するだけでなく、ページの一部を個別にインデックスに登録すると推測する人もいます。 Googleのジョン・ミューラーはTwitterで「ページの一部を個別にインデックス付けするのではなく、ページ全体をインデックス付けし、そこでコンテンツのコンテキストを理解しようとする」と述べています。

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏
「しかし、あなたはジョンに私ではなくあなたの質問に答えるように頼むべきです。 彼は私よりも詳細な情報を持っているGoogle社員です。 ただし、これらのページのほとんどはインデックスに登録されていません。 ジョンはすでにそれを説明しており、それは完全に理にかなっています。 彼らはページのインデックスを作成し、回答を得るためにアップショットを表示しています。」

『ページの一部を個別にインデックス化するのではなく、ページ全体をインデックス化し、そこでコンテンツのコンテキストを理解しようとします。 スニペットがどこから来たのかがわかっているときにページの一部にスクロールすることは、インデックス付けに関係なく非常に理にかなっています。』

これは、グレンがグーグルのハングアウトでジョン・ミューラーからのセクションを指摘したときに出てきました。 ジョンは、Googleがユニークなコンテンツにつながることがわかっている場合、ハッシュを使用してURLのインデックスを作成するかもしれないが、それは非常にまれだと言いました。

ジョンが言ったことは次のとおりです。

Googleはハッシュの後に来るURLパラメーターを無視しますか?言い換えれば、Googleはスラッシュカテゴリで、同じ属性をハッシュしますか?
はい。一般に、ハッシュの後はすべて無視します。

例外が2つあります。1つはハッシュの一種のハッシュバンで、次に感嘆符があります。これは、古いAJAXクロールスキームで使用されていたものであり、個別に分離し、一意のURLとして扱います。もう1つの例外は、ハッシュを含むURLが一意のコンテンツにつながることを認識しているごく少数のサイトです。したがって、ページ内で上下するだけでなく、実際に一意のコンテンツにつながることもあります。これらのURLもハッシュでインデックスします。

しかし、それは非常にまれであり、私が頼りにするものではありません。したがって、ページのコンテンツを変更するためにハッシュを使用している場合、ほとんどの部分でハッシュなしでURLをクロールし、インデックス付けすると仮定します。ハッシュを使用してページのコンテンツ内を上下にジャンプしている場合、それはまったく問題ありません。ハッシュ以降はすべて無視する傾向があります。そのため、サイトへのリンクやインデックス作成など、すべては非ハッシュURLに基??づいています。そして、ハッシュされたURLへのリンクがある場合、非ハッシュURLに折りたたまれます。

2つの例外:

(1)古いAJAXクロールスキーマ形式。サポートが完全に停止したと思っていましたが、多分そうではないでしょうか

(2)ハッシュを含むURLが一意のコンテンツにつながることを認識した非常に少数のサイト。

しかし、Googleのページのセクションを個別にインデックス付けすることに戻ると、GoogleのJohn Muellerによればそれは正しくありません。 Googleは、#URLにインデックスが付けられていることを示している可能性がありますが、これはおそらくGoogleインデックスにあるものではなく、Googleがリンクしているものです。 Googleは以前にコンテンツの一部に検索者を固定できました。Googleがその部分を個別にインデックス付けしたのではなく、ページ上のコンテンツを理解していることを意味します。

English Google Webmaster Central office-hours hangout

English Google Webmaster Central office-hours hangout

SEOコンサルタントのまとめ

1ページを丸ごとインデックスしていて、1ページの一部をインデックスはしていない、ということでしょうか?

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.