SEOコンサルタントの運営するSEO情報・SEOサービスのサイトです。SEOについてのアドバイス、作業を行う仕事をしています。運営者はSEOコンサルタント・白石竜次(「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」他)です。お気軽にお問合せください。

SEOコンサルタント.com

PR




Google SEO

【SEO】Google「クロール回数と検索結果の順位は関係ない」

投稿日:

【SEO】Google「クロール回数と検索結果の順位は関係ない」

Googleのジョン・ミューラー氏がクロールバジェットについてコメントしました。

クロールバジェットを最適化してもランキングは上がらない

グーグルのジョン・ミューラー氏の指摘を知ったECサイトの管理者が、ミューラー氏とツイッターで次のようなやり取りをしていた。

(ECサイト管理者)
きちんとした400万ページがあるサイトで、57%のURLは毎月クロールされています。しかし、(定期的には)クロールされていないページはたった4%の検索トラフィックしかありません。
クロールバジェットに気を配る必要はありますか?

(ミューラー氏)
検索トラフィックが多くはないページをもっとクロールさせる必要があると考えるのは、なぜ?
たとえば、それらのページを頻繁に更新しているとかあるのかな?

(ECサイト管理者)
クロールされれば、検索トラフィックが増えますよね。なので、クロールバジェットを気にしています。

(ミューラー氏)
既存の2百万ページは毎月大幅に変更しているの?

(ECサイト管理者)
レビューと価格以外は大きな変更を加えていません。

(ミューラー氏)
それくらいの変更ならクロール間隔は問題ないと考える。
「定期的にクロールすること」と「検索結果での表示回数やランキング」は、直接は関係ない。
(ついでに言うと、インデックスされているページ数も、特にECサイトでは誤解を招きやすい。並べ替えやフィルタでできあがる不必要なURLがたくさんあるからだ)

このやり取りで最も重要な点は、クロール頻度はランキングとは直接の関係はないということだ。

つまり、頻繁にクロールさせたからといって、検索順位は上がらない。言い換えると、クロールバジェットを調整して特定のURLにGooglebotをたくさん訪問させたとしても、そのURLの検索評価が変わるわけではない。ましてや、ほとんど更新すらしていないページならば、定期的にクロールさせても何か効果があるとは思えない。

グーグルが高く評価しているページはクロール頻度が高い傾向にある、それは確かだ。だからといって「クロール頻度を高くすれば検索評価が上がるのではないか」と考えるのは間違っている。原因と結果を入れ替えてはいけない。

Web担当者Forum より)

SEOコンサルタントの感想

どうしてもSEOを考える人はテクニナルなSEOばかりを気にしやすい。
そういう方が気にしがちなのが「クロールバジェット」について。
これに対しGoogleが「クロール頻度はランキングとの関係が無い」と発言したのは重要です。
そして「インデックス」についても発言していますね。これも重要です。
他にすべき事が沢山あります。

SEOまんが

PR



SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサル
・SEOアドバイス
・講演依頼/セミナー/ワークショップ

SEOコンサルタント問い合わせ

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト管理者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。

[PR]サクラサクLABO

SEOコンサルタント
[PR]SEOコンサルティングサービス - サクラサクLABO
seoコンサルティングサービスとは、貴社サイトを徹底的に分析し、サイト内部改善、阻害要因排除、外部施策と、総合的に最適化し、検索流入を増加させるサービスです。

-Google, SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.