PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

SEO専門家・渡辺隆広氏の勉強会「コンテンツデザインの思考法」

投稿日:

SEO専門家 渡辺隆広氏に訊く「コンテンツデザインの思考法」

SEO専門家の渡辺隆広氏の勉強会の記事を紹介いたします。

■SEOとコンテンツマーケティングの関係(渡辺隆広氏)
お互いに間接的に影響を与える存在。
ただし、各々がそれぞれに目的と目標を定めたうえで、
適切に運用されることで初めて相乗効果が生まれる。

★(会社全体の)事業目的(渡辺隆広氏)
施策→戦略→目標→目的→【SEO】
 ↑↓
・良質なコンテンツマーケティングは、SEOに間接的なプラスの影響を与える
・良質なSEOは、コンテンツマーケティングに間接的なプラスの影響を与える
 ↑↓
施策→戦略→目標→目的→【コンテンツマーケティング】

ーーー

渡辺氏は、マーケティング活動の一貫としてではなくSEOを目的にコンテンツを作りつづけても「何の成果も生まない」と言います。SEOを目的にした時点で、コンテンツを届ける相手である人間の存在が抜け落ちるからです。

ーーー

■メディアの目的を明文化する(渡辺隆広氏)
なぜ目的を定義して明文化するのか
▼戦略目標を決めることで、「誰」に「何」を「どのように」提供すべきか明確になる
▼チームで思考や価値観を共有可能になり、皆が同じ目的に向かって一貫性のあるアクションを選択できる
▼アクションの優先順位や、「やらなくてよいこと」の区別がつくようになり。
「良い」や「高品質」の定義や基準を決めることができる。

■「ユーザーの役に立つコンテンツ」とは(渡辺隆広氏)
「ユーザーに役立つコンテンツを作りましょう」
→回答A:ある特定のユーザーが置かれた状況(Context)を詳細に描写したうえで、その状況を進展させられる可能性のある情報を提示すること
→回答B:あなたの家族や親しい知人が同じ状況に置かれていると仮定して、彼らが絶対に嬉しいと思うコンテンツを考える

ーーー

「大切なのは、どんな人にも役立つコンテンツを作ろうとは思わないことです。百科事典のようなものを積極的に読む人は少ないと思いますが、それと同じように、あらゆる人の役に立つものというのは、結果として誰にも刺さらないということがよくあります。そのため、誰にとって役に立つコンテンツかを決める必要があります。(渡辺隆広氏)

ーーー

ーーー

コンテンツデザインとは
渡辺氏によるコンテンツデザインの定義は「ユーザーがタスクを完遂するために必要充分な情報を、最適な形に整えて提供すること」です。つまり、単に目的やニーズにとどまらず、ユーザーが置かれた状況や文脈に合わせて、適切なプレゼンテーション方法や文章表現、情報量を選択して提供することを指します。

ーーー

■コンテンツデザインのメリット(渡辺隆広氏)
▼ユーザーに役立つコンテンツの制作手順を明文化して、他社と共有可能にしたフレームワーク
▼[特にSEO思考に支配された人]検索アルゴリズムという狭い世界で考える習慣から脱却して、様々な視点からアイデアを考えられるようになる
▼ユーザージャーニーマップで全体図を可視化してからコンテンツ企画に取り組むので、細かな配慮が行き届いた情報を作り出せるようになる
▼コンテンツの制作過程が論理的に説明できるようになるので、それをもとに議論したり、フィードバックをしながら品質改善につなげられる

■コンテンツデザインの手順(簡易版)(渡辺隆広氏)
1:ユーザージャーニーマップ(仮)を作成する
リサーチなしで、各人の勝手な想像(妄想)でいいからとにかく図に書き起こしてみる。間違っていていい。
2:リサーチ
オーディエンスを理解するための情報収集をする。対象の事柄を自分で体験できるのであれば、自分がユーザーとなって体験すること。
業界誌、新聞、専門誌など、あるテーマについて情報を網羅した、信頼性があると推定される情報ソースから調べる。
【注意】検索キーワードデータのような、文脈が存在しないデータは参照しないこと、
3:ユーザージャーニーマップを再作成する
リサーチに基づいてユーザーをある程度理解したら、もう一度ジャーニーマップを作成してみる。具体的には「想定オーデシエンス(≒ペルソナ)と、行動順序(ウォンツが生まれてから、当初の要求が満たされるまで)を明らかにする」
4:大多数が共通して直面しそうな課題・悩みの種を図に書き込む
→コンテンツを通したマーケティング(消費の誘発)ができるポイントでもある

ーーー

「コンテンツにとって文脈はとても重要なものです。一部のSEO会社が検索キーワードからユーザーの意図を探ってコンテンツを作りましょうと提案しているケースがあります。実際にコンテンツ制作の際に検索キーワードを見ている方も多いのではないかと思います。検索キーワードからコンテンツを考える人は、Google検索の機械学習の結果を見ているだけで、ユーザーの置かれた状況である文脈を詳細に考えることを放棄しています。」(渡辺隆広氏)

ーーー

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2022 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述