PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

製品にSEOを組み込むための5ステップのプロセス

投稿日:

製品にSEOを組み込むための5ステップのプロセス

【Google翻訳】
オーガニックトラフィックを指数関数的に増やす方法をよく尋ねられます。

それは幅広い質問ですが、私がいつも指摘していることの1つは、製品からのオーガニックトラフィックがコンテンツマーケティングを毎回上回っていることです。

自分でコンテンツを作成する必要がない場合、SEOははるかにうまく機能します。

しかし、それが機能するためには、SEOを製品に組み込む必要があります。

この原則を理解している企業は、SEOトラフィックを大規模に拡大する可能性がはるかに高くなります。

「製品へのSEOの構築」は実際にはどういう意味ですか?

SEOを後から考えて既存の製品に接着しようとするのではなく、「SEOを製品に組み込む」とは、SEOを念頭に置いて製品を開発することを意味します。

それが満たすことができるユーザーの意図を考慮します。

コンテンツについて考える。

スケーラブルなアーキテクチャの定義。

コアDNAにSEOを含む製品は、インデックス化可能な有用なコンテンツを大規模に刺激し、生成します。

一般に、製品は「クローズド」または「オープン」にすることができます。

・クローズド製品は、ユーザーエクスペリエンスをゲートし続けます。
・オープン製品を使用すると、ユーザーはサインアップする前に製品の価値の一部を体験できます。
すべての製品がその価値の一部を公開できるわけではありません。

たとえば、Calendlyは便利なカレンダー管理アプリですが、コア製品の価値の一部を検索エンジンに公開する便利な方法はありません。

CalendlyがSEOトラフィックを必要としている場合は、コンテンツを自分で作成する必要があります(作成します)。 ほとんどのオーガニックトラフィックはブログにアクセスします(以下を参照)。
もう1つの例はCanvaです。これは、検索者をテンプレートとガイドを使用してユーザーに変換する有用なコンテンツを構築するのに優れた役割を果たします。

一部のビジネスモデルでは、SEOを製品に組み込むことができません。それで問題ありません。

長い販売サイクル、「技術的」、またはソフトウェア以外の製品は、成功するためにソフトウェアに依存する必要はありません。

しかし、重要なのは、SEOを活用することで同じように成功できるということです。 それはただの別のプレイブックです。

反対側には、Notion、Trello、Pinterest、G2、Amazonなどの製品があります。 これらの製品のDNAにはSEOが含まれています。

彼らは異なるビジネスモデルを持っていますが、SEOを活用してかなりの規模で成長しています。

たとえば、NotionとTrelloは、製品エクスペリエンスを終了することを選択できたはずです。 代わりに、メモ、ボード、またはページを検索エンジンで公開してインデックスに登録できるようにします。

それはどのように機能しますか?

製品を開発するための決まったプロセスはなく、一連のガイドラインと原則だけです。

・製品と市場の適合を実現します。
・大規模な市場が望むものを構築します。
・実際の問題を解決します。
・優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。
SEOを製品のDNAに組み込むときに自問する必要のある中心的な質問は、次のとおりです。

ユーザーの意図を満たす検索エンジンにどのような機能を公開できますか?

製品機能の価値を、人々が検索エンジンで表現する意図に結び付けることができれば、何かが得られます。

それが何であるかを探求するのに役立つフレームワークは、破壊的イノベーション理論の元ハーバード大学教授、著者、開発者であるクレイトン・クリステンセンによる「仕事を成し遂げる」です。 クリステンセン研究所によると:
**
「JobstoBe Doneの理論は、顧客の行動をよりよく理解するためのフレームワークです。 従来のマーケティングは市場の人口統計や製品の属性に焦点を当てていますが、ジョブズ理論は表面的なカテゴリを超えて、顧客が選択を行う理由を説明する機能的、社会的、感情的な側面を明らかにします。 人々は単に製品やサービスを購入するだけではありません。 彼らは進歩を遂げるために彼らを彼らの生活に引き込みます。 この進歩を彼らが成し遂げようとしている「仕事」と呼び、これを理解することでイノベーションの可能性の世界が開かれます。」
**

SEOを製品に組み込むための5ステップのプロセス

このアイデアに基づいて、SEOを製品に組み込むのに役立つ5つのステップのプロセスを次に示します。

1.実行するジョブを特定します

SEOを製品に組み込むときは、人々がSEOをどのような仕事に使用できるかを理解する必要があります。これは、最初に解決しようとした主要な問題に非常に関連しています。

ただし、製品が解決する小さな問題も検討する必要があります。

これらすべての問題のリストを作成します。

2.製品コンテンツを公開可能なコンテンツと照合する

あなたの製品は、検索者がグーグルや他の検索エンジンを通して見つけることができるある種のコンテンツを開発、作成、または集約する必要があります。

これは多くの場合、ユーザーが生成した入力(レビュー、キュレーション、投稿、ボードなど)に関連しています。

たとえば、レビューや投票を使用すると、データを集計して視覚化し、検索エンジンに公開できます。 ローカルサービスやeコマースの買い物可能な在庫など、自分で在庫を作成することもできます。

3.スケーラブルな分類法を定義する

製品のデータまたはコンテンツを分類する方法を定義する必要があります。
この時点で、カテゴリ、サブカテゴリ、およびインスタンスまたは製品から論理的でスケーラブルなアーキテクチャを構築します。 ソーシャルネットワークがハッシュタグで行うように、フラットアーキテクチャを選択することもできます。

ほとんどの場合、このステップは、製品のアーキテクチャと人々がそれをどのように使用するかによって事前に定義されています。

4.公開できるユーザーエクスペリエンスの量を決定します

便利な方法で公開できるユーザーエクスペリエンスの量を確認してください。

広告モデルを使用しない限り、製品全体を無料で配布することはできません。

ここでの目標は、完全なエクスペリエンスをゲーティングすることにより、訪問者をサインアップに変換することです。

それはバランスをとる行為です。

5.ユーザーの意図を検証する

最後に、コンテンツがユーザーの意図を満たしていることを検証する必要があります。

ターゲットとするキーワードに検索需要があるかどうか、そして人々が解決しようとしている問題を解決できるかどうかを確認します。

たとえば、Pinterestボードは人々を刺激します。 G2レビューは、ソフトウェアの評価に役立ちます。 概念テンプレートは、自分のページをカスタマイズするのに役立ちます。

ご覧のとおり、Jobs-to-Be-Doneフレームワークに完全に移行します。

別の例を挙げましょう。

Doordashは、顧客、レストラン、ドライバーの3面のマーケットプレイスです。 顧客はバリューチェーンを開始し、誰もドライバーを検索しないため、レストランのインデックス作成が最も論理的な選択です。

レストランはロケールに関連付けられているため、Doordashはそれらを都市とレストランのタイプで分類します。

ユーザーの意図は、特定の種類の食べ物を近くで見つけること、または何を食べるかについてのインスピレーションを探すことです。 そのように製品を設計および開発することは、Doordashにとって非常にうまくいきました。

ハードとソフトの要件

SEOを製品に組み込む場合、ハード要件とソフト要件があります。
厳しい要件を満たさなければ、オーガニックトラフィックを引き付けることはできません。

ソフト要件を満たす必要はありませんが、ソフト要件により、SEOトラフィックをすばやくスケーリングできる可能性が高くなります。

ハード要件:
・Googleは、一般にアクセス可能なページをレンダリングできる必要があります。
・Googleは、公開可能なすべてのページにアクセスしてクロールできる必要があります。
・ページをランク付けするには、価値のあるコンテンツが含まれている必要があります。薄いコンテンツは避けてください。
・検索ページはインデックスに登録しないでください(Googleは検索者を別の検索ページに送りたくない)。
ソフト要件:
・ユーザーは、メールニュースレターに登録する場合でも、製品に登録する場合でも、ブランドの露出を超えたビジネス価値を生み出すために、何らかの方法でコンバージョンを達成する必要があります。
・最良の場合、コンテンツは自動的に作成されるか、ユーザー(UGC)によって作成されます。

ループがすべてです

SEOを製品に組み込む目的は、オーガニック検索を通じて新しいユーザーを引き付けることです。

しかし、それだけではありません。

また、彼らにあなたの製品にサインアップして、あなたの製品に付加価値を与えてもらいたいです。 これにより、ユーザーからのコンテンツとサインアップが増えます。
つまり、取得ループを構築する必要があります。

「フライホイール」とも呼ばれる取得ループは、自己補強システムです。

たとえば、ユーザーが公開のTrelloボードを作成し、それがGoogleでランク付けされ、検索者がそれを見つけてサインアップし、独自のボードをセットアップします。

SEOの成功を測定するには、そのような全体論的な観点からSEOを検討する必要があります。 それは私が「有機的成長」と呼んでいるものです–成長とSEOの交差点です。

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2021 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述