PR




[PR]ランサーズ

SEO ウェブマスターオフィスアワー

ビッグワードのみが圏外に!ペナルティ?

投稿日:2018年12月14日 更新日:

【SEO】ビッグワードのみが圏外に!ペナルティ?

Googleの「ウェブマスターオフィスアワー」2018年12月13日の内容です。
ビッグワードのみが圏外になったという質問です。

ビッグワードの検索順位が圏外に

●質問
2017年11月にリリースしたサイトの集客を目標に、検索順位の上位化に向けてSEO(主にテクニカル面)を意識したサイト運用を行っております。
リリース後、検索順位も少しづつですが順調に上がり、少しづつですが順調に集客も伸びてきておりました。
2018年8月上旬に、ビッグワードの検索順位がいきなり圏外となり、その後も圏外のままです。あまりにも突然の変化だったため、まずは様子見期間としていたのですが、丸2か月を経過しても順位がさがったままです。
この状況に関し、あらためて重複コンテンツが無いかなといったネガティブ要素のチェックを行いましたが、特に見当たらないとしております。
一般ワードの検索順位は比較的上位をキープしていることから、ビッグワードのみが順位降下(圏外化)になった模様ですが、なにかペナルティ等の影響となるのでしょうか。
急な変化であり、同タイミングでサイト内に大きな修正等を行った訳でもないため、原因が想像つかずな状況です。
答えを求めてはおりませんが、アドバイスを頂けると幸いです。

Google金谷氏の回答

よくある悩みかなと思います。
(実際に情報を見ましたが)
製品名では上位に表示されるが、その商品のジャンル、
例えばゲームソフトの場合(※質問者ではない)、
「ゲームソフト 新作」や「ゲームソフト 買取」での順位が今までは高かったが
それが下がった。という質問。
これに関して思うのが、皆さんがこの順位のクエリを上げたいと思った事にたいして
皆さんのサイトが実際に上位に表示されるべきかどうか?
っていうのを考えて頂くと良いかなと思います。
よくある発想・戦略としては
「そんな事はどうでもよくて、検索結果で上位になる事で人に知られたい」
みたいな発想をされている方が沢山いらっしゃると思います。
それは構わないのですが、戦略としてマーケティングとして目指すのであれば
Google検索は、ユーザーが探しているものを上位に表示しようとしていますので、
実際にそのクエリで上位に表示されるべきものであるか、
上位に表示されるべきものとなっているのかが大事なことです。
「ゲームソフト 新作」の例えですと、「ゲームソフトの新作」が沢山ある中で
そおクエリで1位になる事をSEOで実現するよりも、「1番みんなが欲しいものになる」
事が大事だと思います。
なので、ビッグワードの順位で本来そのサイトが表示されるべきかという時に
過去の順位に戻そうとするよりはそのクエリに対して
そういった適切な存在を目指すのが長い目で見た時に良いSEOになるのかなと思います。

ウェブマスター オフィスアワー 2018 年 12 月 13 日

Japanese Webmaster Office Hours(ウェブマスター オフィスアワー 2018 年 12 月 13 日)


SEOコンサルタントの感想

▼ビッグワードでの順位が落ちたのは、そのサイトはそのワード(ビッグワード)に関しては上位に表示すべきサイトではない、
と評価が変わったから。
▼実際にそのクエリで上位に表示されるべきものであるかを考えるべき。
▼シンプルに言えば、そのクエリについての良いサイトを作る。
このように解釈しました。

SEOセミナー情報

【SEO対策に悩むライター必見!】SEOプロ講師から学ぶWeb集客率アップの戦略!

2018/12/19 (水)
会場
Aishare 株式会社
チケット
受講料 ¥3,000

マンガボックスインディーズ

「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」
「ウェブマブ!」6話(11P)「対策キーワードは?」

LINEマンガインディーズ

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」
「ウェブマブ!」6話(11P)「対策キーワードは?」

少年ジャンプルーキー

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」
「ウェブマブ!」6話(11P)「対策キーワードは?」

SEO情報アンテナ

 

 

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO, ウェブマスターオフィスアワー
-

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2019 All Rights Reserved.