内閣府開催の国際会議サイトのドメインがアダルトサイトに使用されてる件!

内閣府開催の国際会議サイトのドメインがアダルトサイトに使用されてる件!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「Cyber3 Conference Okinawa 2015」のドメインが・・

cyber3conf-okinawa2015.jp

内閣府が2015年11月に開催した国際会議「Cyber3 Conference Okinawa 2015」のドメインが関係ない第三者に取得され、出会い系サイトの宣伝に利用されていることがわかった。
現在配信されているサイト。画像はモザイク処理を行っている。出会い系サービスへの誘導に利用しており、アダルト画像などを掲載していた
同カンファレンスは、「世界経済フォーラム(World Economic Forum)」の協力のもと、内閣府が2015年11月に沖縄県で開催したもの。
「サイバーコネクション」「サイバーセキュリティ」「サイバークライム」などをテーマに、30カ国から400人を超える政策担当者や企業経営者、有識者などが参加した。
同イベントでは、ドメイン「cyber3conf-okinawa2015.jp」を使用。ウェブサイトではイベントの紹介のほか、報告書などが公開されていた。また事務局において同ドメインを用いたメールアドレスを利用している。
Whoisに登録された情報を見ると、2017年9月17日に現在の所有者が同ドメインを登録。出会い系サービスへの宣伝などに利用されている。ドメインとウェブサイトの内容に直接的な関連はなく、廃棄されたドメインをあえて取得したものと見られる。
弊誌においても、「Cyber3 Conference Okinawa 2015」を記事で取り上げたが、今回の問題を受けて同ドメインに対するリンクを削除。現在報告書が掲載されている内閣府のページへ切り替えた。
内閣府による同イベント報告のアナウンス
ドメインについては、期限切れなどで失効した場合、無関係の第三者が取得、まったく関係ないコンテンツの配信に利用され、ブランド価値などが毀損するなど、トラブルに発展するリスクがセキュリティ専門家などより以前から指摘されている。
またマルウェアの配信に利用されるなど悪質なケースもある。
特に著名なドメインや、公的な性格を持つドメインの場合、ドメインそのものが検索エンジンから高い評価を得ていることにくわえ、過去のコンテンツに対する外部サイトからのリンクが残存し、それらが検索エンジンの評価を高めたり、サイトへの誘導につながる。また過去のドメイン所有者に対してメールが送信された場合、あらたなドメイン所有者へ届き、内容が閲覧されるおそれもある。
日本レジストリサービス(JPRS)では、ドメインの廃止に関して一定期間経過後に要件を満たせば誰でも登録でき、悪用される可能性もあると指摘。商標権の侵害など、ドメイン紛争処理方針(DRP)に該当しない限り、差し止めも難しいとして慎重な対応を呼びかけている。
(Security NEXT より)

Cyber3 Conference Okinawa 2015

「Cyber3 Conference Okinawa 2015」についての説明です。
Cyber³ Conference Okinawa 2015について

内閣府は、 World Economic Forum の協力のもと、沖縄において、2015年11月7日(土)~8日(日)の2日間、サイバーセキュリティに関する国際会議「Cyber³ Conference Okinawa 2015 – Crafting Security in a Less Secure World -」を開催しました。本会議では、サイバーコネクション、サイバーセキュリティ、サイバークライムの『Cyber³』の現状について、また、それらの将来の世界経済における影響を多分野にわたる各国の政府関係者、企業経営者、研究者等が協議しました。本HPでは、会議報告書等の資料を掲載しております。
(内閣府ホームページ より)

cyber3conf-okinawa2015.jpのドメイン情報

cyber3conf-okinawa2015.jpのドメイン情報はこちらになります。

[ JPRS database provides information on network administration. Its use is ]
[ restricted to network administration purposes. For further information, ]
[ use ‘whois -h whois.jprs.jp help’. To suppress Japanese output, add’/e’ ]
[ at the end of command, e.g. ‘whois -h whois.jprs.jp xxx/e’. ]Domain Information: [ドメイン情報]
[Domain Name] CYBER3CONF-OKINAWA2015.JP

[登録者名] 田中 創
[Registrant] Tanaka Sou

[Name Server] ns1.dns.ne.jp
[Name Server] ns2.dns.ne.jp
[Signing Key]

[登録年月日] 2017/09/17
[有効期限] 2018/09/30
[状態] Active
[最終更新] 2017/09/20 10:55:28 (JST)

Contact Information: [公開連絡窓口]
[名前] Whois情報公開代行サービス by お名前.com
[Name] Whois Privacy Protection Service by onamae.com
[Email] proxy@whoisprotectservice.com
[Web Page]
[郵便番号] 150-8512
[住所] 東京都渋谷区
桜丘町 26-1
セルリアンタワー 11階
[Postal Address] Shibuya-ku
26-1 Sakuragaoka-cho
Cerulean Tower 11F
[電話番号] +81.354562560
[FAX番号]

「田中 創」という人物名が登録者名にありますね。。

SEOコンサルタントの感想

ちゃんとしたサイトのドメインがアフィリエイトサイトに取得されるのはよくありますが。。これは。。
しかし、これはかなりの手抜きサイトですね。
しかも登録者名に名前出したり、SEO的にもサイトデザイン的にもずさんなので、完全にドメインパワー頼みなだけ。
「005」とかあるのは量産してるんでしょうね。
これだけでSEO効果あるからってことで勉強もしてないんでしょうね。
そしてこのサイトの運営者、AKBファンですね(笑)

SEO注目記事

検索面白ネタの記事










SEO情報アンテナ

SEOまんが

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/プロローグ『SEOコンサルタント登場』

【SEO動画】「まんがでわかるSEO」SEOコンサルタント勝子/第1話『SEO・内部対策をしよう!』

スポンサーリンク
スポンサーリンク