PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

Google検索が有料になる可能性は?⇒Google「疑わしい」

投稿日:

売上が悪いと・・

アクセス無料の検索結果に対するGoogleの料金? 疑わしい、とジョン・ミューラーは言う。

【Google翻訳】
Googleが検索ボックスにクエリを入力するための料金を請求したと想像できますか? 昔、図書館員のデータベースを検索するためのライセンスを購入する必要がありました(おそらく今日でも)。 しかし、Googleが料金所のような料金をウェブに請求したと想像してみてください。

グーグルのジョン・ミュラーはグーグルがそれをするかどうか尋ねられ、彼はそれを疑うと言った。 ここにそれらのつぶやきがあります:

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
@JohnMu Googleが無料でオーガニック検索結果の表示を停止する可能性はありますか? Googleで検索するにはサブスクリプションを購入する必要がありますか? 10-15年後のように

私はそれまで未来を見ることができません:-)、しかし私はそれを本当に疑います。

法的には、Googleでさえそれができるのだろうか。 コンテンツをクロールし、コンテンツを他のユーザーに表示しますが、それらのユーザーに、自分が所有していないコンテンツを表示するように請求しますか? Googleが検索サービスを提供しているので、コンテンツではなく検索に対して料金を請求することになると思います。

しかし、いずれにしても、Googleがそれを行うことはビジネス上意味がありません。 特に無料でそれを行う競合他社がいる場合、人々はそれを支払うことはありません。

しかし、人々にクエリを入力させ、結果を表示する前に、Googleに支払うように依頼すれば、Googleの素晴らしいエイプリルフールのいたずらになります。

SEOコンサルタントのまとめ

Googleのジョン・ミュラー氏は「Google検索がサブスクリプション(有料)になる可能性がありますか?」
という趣旨の質問に
「疑わしい」と答えました。

いくらなんでも有料になったら誰もGoogle使いませんよ。。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述