【SEOセミナー】Googleアルゴリズムに『運営会社の実在性』と推測…サクラサクマーケティング

SEO】Googleアルゴリズムに『運営会社の実在性』と推測…サクラサクマーケティング

サクラサクマーケティング株式会社さんのセミナーを受けたレポート・感想です。

効果的SEM戦略を語るデジタルマーケティング実践講座

効果的SEM戦略を語るデジタルマーケティング実践講座
2018年10月10日(水) 13:30~16:30 @アクセス渋谷フォーラム(渋谷クロスタワー24F)■昨年末より頻発する大変動。検索順位上昇に必要な情報を徹底解説
~2018年抑えるべき最新SEO対策・コンテンツ施策セミナー~
サクラサクマーケティング株式会社
アカウント
コンサルティング部 部長
一見 卓矢 氏

サクラサクマーケティング

サクラサクマーケティング株式会社
https://www.sakurasaku-marketing.jp/
サクラサクLABO
https://www.sakurasaku-labo.jp/

■サクラサクマーケティング株式会社について
▼サクラサクマーケティング株式会社は約50名。
この規模だと他の業務も行ったりすのですが、SEOに向き合ってSEO主体でやっている。

サクラサクマーケティングのセミナー

コンテンツSEO事例

<建設会社>
施策例
・全ページのタイトル修正を行った。
・コンテンツ作成、強化など。
「自社の強み」ページが一番CVとれた。

★コンテンツSEOの苦労
コンテンツクオリティが一番大変。
支社が多数あり、記事へのつっこみが多かった。

コンテンツSEO事例

<医療系求人サイト>
▼2017年12月にGoogleのアルゴリズムが変わり変動。
医療系サイトや政府のサイトが上がる。

医療や健康に関連する検索結果の改善について[Google ウェブマスター向け公式ブログ]
E-A-T
Expertise(専門性があること)
Authoritativeness (権威があること)
TrustWorthiness (信頼できること)

が重要となる。

運営会社の実在性

▼2018年8月にGoogle変動。
★サクラサクマーケティングによる推測

『運営会社の実在性』
をおそらくGoogleが見始めているのでは?という推測です。
・アフィリエイトサイトは社名を出しているサイトが残っている。

【やったほうが良い事】
・運営者情報をしっかり記載する。
・サービスサイトでも「コーポレートにリンク」ではなく運営者を書く。
・リアルネットでの会社露出。
・著者・社員の実名露出

コンテンツSEO事例

・グループ企業リンク
・コンテンツ著者記載
・求人詳細住所表記

コンテンツSEO事例

<ゲームプラットホーム>
CRO (Conversion Rate Optimization、コンバージョン率の最適化) を行った。

仮説動線⇒阻害要因を取り除く
状態
・動線の不備が多い
・パスワードの設定がわかりにくい
・運営者情報が目立たない⇒大きく書く

SEOコンサルタントの感想

『運営会社の実在性』については納得しました。
私は「公式サイト」が評価されていると感じていたからです。
それは「権威性」「専門性」とも共通します。
これらの要素がある場合、当然「運営会社情報」や「人物の実名」が書かれる事になるからです。

SEO・IT漫画「ウェブマブ!」

DAYS NEO -デイズ ネオ-

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」

マンガボックスインディーズ

「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」

LINEマンガインディーズ

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」

マガジンデビュー

「ウェブマブ!」TOP

「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」

少年ジャンプルーキー

「ウェブマブ!」TOP
「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」

マンガハック

「ウェブマブ!」TOP

「ウェブマブ!」 第5話(9-10P)「面白いマンガとは?」

COMICO(コミコ)

「ウェブマブ!」TOP

スポンサーリンク
スポンサーリンク