PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

Google「最大のContentful Paint(LCP)の遅さを診断する方法⇒webpagetest.org」

投稿日:

webpagetest.org-1

Google「最大のContentful Paint(LCP)の遅さを診断する方法」

Google:最大のContentful Paint(LCP)の遅さを診断する方法

Google: How To Diagnose Largest Contentful Paint (LCP) Slowness[Search Engine Roundtable]

【Google翻訳】
Google:最大のContentful Paint(LCP)の遅さを診断する方法

あなたはGoogle Core Web Vitalsがスピードの良い兆候を見せていませんか? さて、どうすればスピードアップできますか? あるウェブマスターがこれについてGoogleに尋ねたところ、遅いページのアセットを見つけるためにwebpagetest.orgを使用できるとGoogleが言った。

では、どのアセットが遅いのかをどうやって見つけるのですか? 具体的には、どのアセットが、識別されたURLでLCPの最大のContentful Paintに悪い影響を与えるかをどのように診断しますか。

(1)webpagetest.orgにアクセスします

(2)URLを入力し、[移動]をクリックします。

(3)ウォーターフォールの出力を見ると、ロードにかかる時間をミリ秒単位でアセットごとに示しています。 その後、読み込みと最適化に最も時間がかかるアセットに集中できます。

これらのことを最適化するために数え切れないほどの時間を費やすことができます。 より大きなアイテムに焦点を当てますが、時間との関係が特にない限り、すべての小さな速度最適化を調整することに夢中にならないでください...

■Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏(@JohnMu)
@JohnMu @methode特定のURLで不良LCPを発生させるアセットを診断するためのツールを知っていますか? ページ速度と灯台は詳細を与えていないようです

私はこれについて詳細を掘り下げていません(@ g33konautはいくつかの洞察を持っているかもしれません)、私の基本的なアプローチはhttp://webpagetest.orgを使用し、そこでタイミングを取得し、フィルムストリップとウォーターフォールビューを使用して機能することです その時間に到達するためにどの資産が重要であるかを調べます。

webpagetest.org

SEOコンサルタントのまとめ

「webpagetest.org」でこのサイトを測定してみました。
いろいろ出てきました。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述