PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

リファラーから流入元URLを完全には取得できなくなった!

投稿日:

SEO漫画3話-020

アクセス解析に痛手!? リファラーで流入元URLの詳細がわからなくなる動き

Referrer(リファラー、参照元ページのURL)から流入元URLを完全には取得できなくなったのだ。

と言っても、リファラーがなくなるわけではない。サイト内のパス(どのページからクリックされたかの情報)が省略され、ドメイン名(どのサイトから来たのか)だけのリファラーになってしまうのだ。

例で解説しよう。たとえば、次のページにあるリンクをクリックして、ユーザーがあなたのサイトを訪問したとしよう:

●リンク元ページ:https://example.com/hoge/1234/
これまでであれば、あなた(リンク先のサイト)のアクセス解析で調べられるリファラーとして、次の情報が伝えられていた。要は、リンク元ページのURLそのままだ:

●以前の標準リファラー:https://example.com/hoge/1234/
ところが、Chrome 85以降では、次のようなリファラー情報が伝えられる:

●Chrome 85以降の標準リファラー:https://example.com/
わかりやすく言い換えると、参照アクセスのすべてが、元サイトのトップページからの流入としてアクセス解析ツールに記録されてしまうのだ。

グーグルはなぜこの変更を進めたのだろうか。それは、プライバシーだ。上記の例では問題はないが、公開したくない情報がURLに含まれることはある。

そうした例を含めてグーグルは、「リファラーとリファラーポリシーのベストプラクティス」をweb.devのサイトで解説している。
技術的な側面から解説すると、ChromeのReferrer Policyの仕様が厳格になったということだ。従来は標準で no-referrer-when-downgrade だったのが strict-origin-when-cross-origin に変わったのだ。

strict-origin-when-cross-origin では、別オリジン(要は別サイト)に対しては、URLのパス名を除いたドメイン名の部分だけがリファラーとして送信される。Chrome 85から仕様が変わったらしい(いっきに変わったわけではなく、徐々に変更が適用されているようだ)。

リファラーとしてどの情報を渡すかは、自分のサイトの設定や自分が使っているChromeの設定を変更することで変えられる。たとえばWeb担のサイトでは、HTML内に次のタグを入れることで、リファラーとして完全なURLを送るように指定している:

<meta name="referrer" content="unsafe-url">

しかしながら、これは自分のサイトあるいは自分のChromeの動きを変えるだけだ(つまり、自サイトではなく相手のサイトに恩恵がある)。

SEOコンサルタントのまとめ

「Referrer(リファラー)」[参照元ページのURL]
から流入元URLを完全には取得できなくなった。
サイト内のURL情報が省略されて「ドメイン名」だけのリファラーになってしまう、という事です。

▼以前のリファラー⇒https://seo-lpo-consultant.com/seo-company-comparison/
▼今後のリファラー⇒https://seo-lpo-consultant.com/

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述