PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

コンテンツを統合することで検索結果で上位表示される可能性を高めることができます

投稿日:

コンテンツの統合がランキングの向上にどのように役立つか

【Google翻訳】
コンテンツを更新、削除、またはマージして、ランキング信号の分割を回避し、ユーザーにより良いエクスペリエンスを提供します。

ブランドがしばらくの間コンテンツを作成している場合、新しいコンテンツの一部が既存のコンテンツと重複するポイントに到達する可能性があります。 または、いくつかの関連しているが、比較的薄い作品を公開している場合があります。 多くの人々がより多くのコンテンツがより良いという考えで売られたので、ここでの潜在的な問題は明白ではないかもしれません。

チェックしないままにしておくと、同じ検索目的で競合するコンテンツが多数ある状況が発生する可能性があります。 ほとんどの場合、Googleのアルゴリズムは、特定のクエリに対して同じドメインから2つ以下の結果を表示することを目的としています。 つまり、検索結果でおそらく他のビジネスと競合している可能性がありますが、自分自身と競合していて、最善の仕事を見せていない可能性もあります。

コンテンツ統合がSEO戦略の一部であるべき理由

コンテンツを統合することで、独自の方法から抜け出し、目的のページが検索結果で上位に表示される可能性を高めることができます。 また、他のサイトには、参照するコンテンツのバージョンが1つしかないため、リンクの構築作業を改善できます。

また、ユーザーが探している情報を見つけやすくなり、パフォーマンスよりも害を及ぼす可能性のあるパフォーマンスの低いコンテンツを取り除くのに役立ちます。

コンテンツの統合について不安ですか? 量より質を考えなさい。 GoogleのSEO Mythbustingシリーズの最近のエピソードで、Lily Ray of Path Interactiveから、類似の2つの部分を1つの記事に統合し、SEOのために「多くのマージとリダイレクトを行う」というGoogleの提唱する開発者Martin Splittが理にかなっていると尋ねられたとき、 「間違いなく。」

実際、Google自体が6つの個別のWebサイトをGoogle Retailに統合したときにこの戦略を採用し、サイトのCTAクリック率を2倍にし、オーガニックトラフィックを64%増加させました。

コンテンツを統合する機会

薄いコンテンツ。 スプリット氏によると、Googleは、単一の質問のみを扱うヘルプセンターページなど、コンテンツに負荷の少ないページを認識し、必ずしもユーザーに価値を提供しているわけではない、としています。

「これらをグループ化し、意味のある方法で構成しようと思います」と彼は言い、ユーザーに質問がある場合、フォローアップの質問がある可能性が高く、この情報を統合するとページがさらに役立つ可能性があると指摘しました。

コンテンツが重複しています。

ほとんどの場合、Googleは重複したコンテンツに対してサイトにペナルティを課しません。 ただし、大規模なサイトの場合、同じコンテンツをホストする複数のURLを使用すると、クロールの予算を消費し、信号を希釈して、検索エンジンによるページのインデックス作成と評価ができなくなる可能性があります。 サイトが比較的小さい場合でも、重複するコンテンツを特定して対処することで、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

Goのeコマース担当ディレクター、Chris Long氏は、コンテンツの重複を特定するのに役立つツールはたくさんありますが、「問題の性質と対処する最良の方法を完全に理解するために、重複コンテンツの問題を手動で調査することを強くお勧めします」と述べています。 Fish Digitalは、SEOがドメインのGoogle "サイト:"検索を実行し、その後にコアキーワードを実行することを示唆しています。 「Googleのインデックスに類似のメタデータがあるページを見つけた場合、これは重複している可能性があるという警告です」と彼は述べました。

古いまたは時代遅れのコンテンツ。

ブランドとパブリッシャーは毎年、翌年の傾向を予測するコンテンツを作成しています。 ただし、2020年は他とは異なる1年であり、ほとんどの予測は無関係です。

古い予測の投稿に出くわしたユーザーは、サイトから立ち直り、ビジネスを成功させる可能性が高くなります。 サイトから古いコンテンツを削除することは、そのままにするよりも良い選択肢かもしれません。または、コピーに大幅な変更を加えた場合は、その記事を新しい予測で更新し、公開日を変更できます。 これは、コンテンツのフライホイールを動かし続けるために、古いまたは古いコンテンツを再利用する方法の一例にすぎません。

トラフィックを獲得しないコンテンツ。

Google Search ConsoleとGoogle Analyticsを使用して、ビジネス目標の達成に役立たないコンテンツの部分を特定できます。

「表示回数は多いがクリック数はそれほど多くない場合は、コンテンツについて何か変更を加えることをお勧めします」とSplitt氏は言います。「クリック数は多くても、 実際にはあまりアクションが発生しない分析の場合、「トラフィックはそれだけの価値があるのか、それともコンテンツをそこで変更する必要があるのか」と自問することができます。」

これらのツールを使用してページビュー、直帰率、およびその他のエンゲージメントの指標を把握しておくと、統合や完全な削除に適したコンテンツにスポットライトを当てることができます。

コンテンツを統合する方法

価値のないコンテンツを削除します。

「コンテンツが非常に薄い場合は、 。 。 スプリット氏は、SEOのMythbustingで、最終的にはパフォーマンスが低下したり、インデックスに登録されなかったりするページにクロール予算を費やすだけで、「コンテンツの一部を実際に確認することは、 うまく機能しない; 削除するか、少なくとも変更しましょう。」

上記のように、Google Search ConsoleとAnalyticsを使用して、クロールの予算を消費している、またはユーザーに価値を提供せずにキーワードを共食いしている可能性のあるコンテンツを特定できます。

同様の目的を果たすコンテンツを組み合わせます。

通常、ユーザーには複数の質問があり、それらの質問は通常、購入者の現在の段階に関連しています。 たとえば、誰かが新しい車の購入を考え始めたばかりなら、おそらくその人はその燃費、安全性の評価、特別な機能、および他の同様の車のモデルについて学びたいと思うでしょう。

これらの特定の質問のそれぞれに対処する多数の記事を用意する代わりに、ブランドとパブリッシャーは、ユーザーがたどっている旅の同じ段階にすべて関連しているため、この情報を統合することができます。これにより、同じ内容で競合するコンテンツの量を減らすことができます。 (または同様の)キーワードセット。また、潜在的な顧客が必要とする可能性のあるすべての情報を1つのページに集中させることにより、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。

次に、ランキングシグナルを統合するために冗長になったページに、301リダイレクト、正規またはnoindexタグを実装できます。

(新しいページを作成する代わりに)既存のページを更新します。

一部の業界では、状況が毎年変化します(たとえば、毎年新しいモデルがリリースされる自動車業界やスマートフォン業界など)、同じトピックについて公開している場合でも、新しいコンテンツが必要になります。

ただし、他の業界では、すでに公開しているものと大きく重複するものを最初から作成する代わりに、既存のコンテンツを更新する機会があるかもしれません。 たとえば、スプリンクラーシステムの防寒対策に関する説明記事には、年ごとに異なる情報が含まれる可能性が低くなります。

「基本的に同じことを言う新しいページは作成しません。特にそれらが本当に類似している場合、[Google]はどちらを実行しても、一方が他方の複製であると見なし、それらを正規化する可能性があるためです。 正規のタグ」とスプリット氏は言い、代わりにマーケティング担当者が既存のコンテンツを更新し、訪問者が見ることができるようにサイト上で目立つように再配置することを提案しました

SEOコンサルタントのまとめ

よくあるSEOについての誤解に「ページを増やすとSEO効果が上がる」というものがあります。
キーワードを食い合う(重複)ページやアクセスの無いページは削除するか統合するのがSEO的には良いのです。
せっかく作ったページを削除するのはつらいですが。。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述