PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

GoogleがGoogleBotの新しいユーザーエージェント名の使用法を明確化

投稿日:

LPOって

GoogleがGoogleBotの新しいユーザーエージェント名の使用法を明確化

GoogleがGoogleBotの新しいユーザーエージェント名の使用法を明確化

【Google翻訳】
GoogleがGoogleBotの新しいユーザーエージェント名の使用法を明確化

昨日、GoogleBotのユーザーエージェントの新しい名前が100%稼働しているとGoogleが報告したと報告しました。 まあ、それは間違っていました、技術的には100%ライブではありませんでした。 GoogleのMartin Splittは、Webレンダリングサービスがページをレンダリングするとき、常に新しいユーザーエージェント名を使用していることを説明してくれました。

Martin Splitt氏は、Twitterで(1)Googlebotが最初に行うことの1つは、ページのHTMLを取得するHTTPリクエストを作成することです。 それは古いUAでまだ行われています。 (2)次に、WRSはページをレンダリングし、そのHTMLをロードして、リンクされたリソースを取得します。 これはすべて、新しいUAで行われます。

これらのツイートは次のとおりです。

わかりました、もう一度お試しください:

-Googlebotが最初に行うことの1つは、ページのHTMLを取得するHTTPリクエストを作成することです。 それは古いUAでまだ行われています。
-次に、WRSはページをレンダリングし、そのHTMLをロードして、リンクされたリソースを取得します。 これはすべて、新しいUAで行われます。

WRSがページを再度取得することもあります...新しいUAも使用します。

多数のサービスがそれ自体を取得する場合もあります。それらはUAを指定する必要があり、いずれかを使用する場合があります。

だから、グーグルのジョン・ミューラーが先にそれを説明した方法は正しかったようだ。

Martin Split氏は、Chrome 41のユーザーエージェント名がなくなることはないと考えています。

GoogleBotのUAの新しい名前にすぐに変更されますか? または、最初の要求はしばらくの間、古い名前を使用し続けますか?

私はそれが変わるとは思わないが、我々は見るだろう。 どちらにしても、ログに41が表示される心配はありません=)


なぜそれが重要なのですか? まあ、それは本当にありません。 ユーザーエージェントの検出をハードコードして、GoogleBotがサイトをクロールしないようにブロックしない限り...

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述