PR




[PR]ランサーズ

SEO

Google「GoogleのドキュメントとSchema.orgの構造化データ」

投稿日:

JohnMueller

JohnMueller

Google「GoogleのドキュメントとSchema.orgの構造化データ」

Google:GoogleのドキュメントとSchema.orgの構造化データ

【Google翻訳】
Google:GoogleのドキュメントとSchema.orgの構造化データ

Googleのジョンミューラーが公開した最新のビデオは@abhikasaudhanからのもので、良いものでした。 悲しいことに、ジョンが特定の質問に答えたのかどうかわかりません。 問題は、「Google開発者ドキュメントで指定されているとおりに構造化データを使用する必要がある場合、またはschema.orgからさらにプロパティを追加できるかどうか」でした。

彼の答えは、基本的に、Googleのリッチな結果を表示したい場合、Google開発者のドキュメントに従って、適切なマークアップを使用し、適切なガイドラインに従っていることを確認することです。

また、リッチな結果が表示されなくても、Googleがページをよりよく理解する可能性があるため、多少のメリットがあると付け加えました。 その場合、schema.orgを使用すると、Googleなどのマシンがコンテンツをよりよく理解するのに役立つ可能性があると彼は示唆していると思います。 彼は、schema.orgを使用することはできますが、利点はそれほど明白ではないと言っています。

こちらがビデオです、あなたはそれを自分で見ます:

Structured Data Properties (Google Developers Site vs Schema.org) #AskGoogleWebmasters

転写は次のとおりです。

Google開発者のドキュメントで指定されているとおりに構造化データを使用する必要がある場合、またはschema.orgからさらにプロパティを追加できる場合
Googleでは、検索で構造化データを使用して、リッチな結果タイプをサポートし、ページ自体をよりよく理解しています。それを念頭に置いて、リッチな結果として表示される資格を得るには、ページが適切な構造化データを使用し、サイトの適切なポリシーに準拠していることを確認する必要があります。

ただし、豊富な結果につながる構造化データがなくても、システムは構造化データを使用する方がページが優れていることを理解することで利益を得ます。

また、ページが適切な構造化データを使用しているという理由だけで、これらの豊富な結果を表示することは保証されないことに留意してください。

つまり、Google検索で特定のリッチな結果タイプの対象となることを目指している場合は、要件に必ず注意する必要があります。

独立して、構造化データを使用してページの機械可読コンテキストを改善することはいつでも歓迎されます。これにより、常に目に見える変化が生じるとは限りませんが、システムが関連クエリのページを表示するのに役立ちます。

SEOコンサルタントのまとめ

Google JohnMueller(ジョン・ミューラー)氏の動画です。Schema.orgの構造化データについて。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

ニョッキーのお笑いオリジナルネタ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2019 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述