PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

Google検索は著者を認識せず、エンティティを認識します

投稿日:

Google検索は著者を認識せず、エンティティを認識します

Google検索は著者を認識せず、エンティティを認識します

【Google翻訳】
Google検索は著者を認識せず、エンティティを認識します

GoogleのGary Illyesは、Google検索が著者を追跡または認識するかどうかを尋ねられました。 彼は、Google検索については、著者ではなく、エンティティに関するものだと言いました。 しかし、Google NewsとGoogle Scholarの場合、Googleは著者を認識します。

Google検索での著者の概念はなくなりました。

ゲイリーがPubConで言ったことをカバーするツイートは次のとおりです。

Q- Googleはさまざまなサイトで著者の資格情報を追跡しますか?
A-はい、ただしGoogleニュースと学者向けです。 Web検索では、完全ではありませんが、エンティティ@methode #pubconがあります

Q:Googleはサイトの著者を認識しますか?
A:「Gがそれを行うかどうかを尋ねるなら、私はそうだと思うが、Gニュースはそうだ」 学者には、著者という概念があります。 ウェブ検索では、「ウォッシュ投稿のエグゼクティブ[つぶやき]のような非常に人気のある著者のエンティティがあります...

「...おそらくエンティティがあります。 「著者のことではなく、エンティティのことです」@methode @jenstar #Pubcon」

著者の概念はGoogle Scholarに存在しますが、コアWeb検索にはエンティティがあります。 「著者」について聞いたことがありますが、私たちにはそれがありません。 それはエンティティに基づいており、必ずしも著者に基づくわけではありません。 @methode #Pubcon

Googleの検索アルゴリズムには作成者はなく、エンティティがあります。 #pubcon

エンティティとは

エンティティとは、実体、存在、実在(物)、本質、本体などの意味を持つ英単語。 ITの分野では、何らかの標識や識別名、所在情報によって指し示される、独立した一意の対象物をエンティティということが多い。

エンティティとは - IT用語辞典 e-Words より)

SEOコンサルタントのまとめ

解釈が難しいですね。「オーサーランク」が無くなった(失敗?)ということは、色々難しいのでしょうね。。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述