PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

Google「検索エンジンが検索者の意図をより良く理解するようになってもキーワードの研究はなくならない」

投稿日:

コンテンツが面白くないと

Google「検索エンジンが検索者の意図をより良く理解するようになってもキーワードの研究はなくならない」

Google:検索エンジンの意図が向上するにつれて、キーワードの研究はなくなりません

【Google翻訳】
Google:検索エンジンの意図が向上するにつれて、キーワードの研究はなくなりません

今週初め、Bingのコア検索チーム全体のPMであるフレデリックデュビュー氏は、2020年はキーワードの研究が時代遅れになる年になると述べました。 まあ、私はグーグルのジョン・ミューラーに同じことを感じているかどうか尋ねたところ、基本的にノーと答えた。

彼は、検索エンジンが検索者の意図をより良く理解するようになっても、「常にキーワード研究の余地が少しある」と述べた。 しかし、彼は、検索のためのキーワード研究がますます重要にならないかもしれないことに同意するようでした。

彼はビデオの51:52マークでこれを言った:

English Google Webmaster Central office-hours from January 7, 2020

バリーは次のように尋ねました。BingのFrederickは基本的に、キーワードの研究慣行は消え去り、意図的な研究慣行に置き換えられるべきだという短いビデオを作成しました。 ですから、キーワードを考えているのではなく、意図を考えています。 それについて何か考えはありますか?

ジョンは答えました:私はそれを見ませんでしたが、私は一般的に、おそらくあなたはそれらの言葉をユーザーに提供しているので、キーワード研究のための少しの余地があると思います。 そして、たとえ検索エンジンがそれらの言葉以上のものを理解しようとしているとしても。 特定の単語をユーザーに表示すると、ページの内容を理解しやすくなり、場合によってはその変換プロセスを少し促進することができます。 したがって、これらの事柄が完全になくなることはありませんが、検索エンジンはページ上の単語だけでなく、時間をかけてより良くなると確信しています。

フレデリックが言ったことは次のとおりです。

SEOs must focus on intent research practices in 2020
皆さんこんにちは。これはBingのFredericDubutです。2020年に私たちが楽しみにしているクールなものについて話しましょう。
2018年、2019年を見ると、ディープラーニング、自然言語処理の分野で多くの進化があります。 Googleは最近、検索結果にBERT言語モデルを統合したことを発表しました。そして、それが誰にとっても意味することは、検索エンジンがキーワードから意図へと加速的なペースで移行しているということです。

あなたが数年前に想像すると、私たちはほとんどキーワードに基づいていました、そして私たちはQRベースの検索エンジンであり、少しの意図が振りかけられています。そして、2020年に私たちが楽しみにしているのは、検索エンジンが主にインテントベースになることです。そのため、コアインテントをよりよく理解します。ドキュメントの意味を理解し、より適切な一致を行うことができます。

SEOコミュニティのあなたのために。つまり、キーワード調査に関する現在の慣行のいくつかはおそらく徐々に時代遅れになりつつあり、慣行として意図的な調査に切り替える必要があるということです。これは非常に重要です。

2020年は、検索エンジンが主に意図に移行する年です。

SEOコンサルタントのまとめ

SEOコンサルタント白石(パンダ)
SEOコンサルタント白石(パンダ)
2020年は「ユーザーの意図」の研究がメジャーになってくる…という事でしょうか?
「検索エンジンがユーザーの意図を汲み取っている」という事はSEO業界では2-3年前から言われていたのですが、
それが当たり前に認識されるようになる。。。という解釈です。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述