PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

Google「新しいブランド名を追加してもAmazonの場合と同じことはありません」

投稿日:

3-2

Google「新しいブランド名を追加してもAmazonの場合と同じことはありません」

ブランドベースのクエリと検索結果への影響に関するGoogle

【Google翻訳】
ブランドベースのクエリと検索結果への影響に関するGoogle

GoogleのGary Illyesは、ブランドベースのクエリが検索ランキングに影響を与えることができるかどうかに関する質問に回答しました。要するに、彼は多くの理由で答えるのは難しい質問だと言いました。

質問は「SERPを介した「ブランド」ベースのクエリやクリックは、SERPのGoogleスコアリングページに影響を与えますか(権限、信頼、ランキングなど)」でした。

ゲイリーは、「これはTwitterにとってめちゃくちゃ難しい質問です。[Amazonの情報]を検索すると、意図は明らかですが、新しいサイトの場合、アルゴリズムはそうではありません。たとえば、ランクブレインは履歴データを使用しますその信頼を築くために、しかし私たちは助けることができるたくさんの信号を持っています。」

Twitterに投稿された応答を分解すると、ここに表示されます。Googleは、Amazonをクエリに追加すると、Amazon.comの結果が必要であることを理解します。しかし、Googleがまだ学習していない新しいeコマースサイトがある場合、その新しいブランド名を追加しても、Amazonの場合と同じことはありません。

同氏は、RankBrainは履歴データを使用して、時間の経過に伴うクエリをより適切に理解するために使用していると語った。しかし、同様のことを行う他のアルゴリズムと信号があります。

ここにそれらのつぶやきがあります:

■Google Gary Illyes(ゲイリー・イリーシュ)氏(@methode)
シンプル。
@methode-煩わしく思うのは嫌いですが... SERPを介した「ブランド」ベースのクエリやクリックは、SERPのGoogleスコアリングページに影響を与えます(権限、信頼、 ランキングなど)?
spam-vectorsを探していません-明確にしてください。

これはTwitterにとってめちゃくちゃ難しい質問です。 [Amazonの情報]を検索すると意図は明確ですが、新しいサイトの場合、アルゴリズムはそうではありません。 たとえば、Rankbrainは履歴データを使用してその信頼性を構築していますが、役立つシグナルがたくさんあります。

ゲイリーだけがポッドキャストや何かを持っていたら、彼はこのトピックについてもっと話すことができます...

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述