PR




【広告】おすすめのSEO会社

SEO

Google「コロナウイルス検索のサイトを除外していません」

投稿日:

Google「コロナウイルス検索のサイトを除外していません」

Google:コロナウイルス検索のサイトを除外していません

【Google翻訳】
Google:コロナウイルス検索のサイトを除外していません

グーグルのジョン・ミューラー氏は、コロナウイルスに関連する検索のためにグーグルがウェブサイトを除外しているかどうか尋ねられた。 ジョンは「いいえ」と述べ、「健康に関する用語を中心にサイトを手動で除外していることに気付いていない」と述べた。 彼はグーグルが健康関連用語のためにより高いレベルのサイトを見せたいと言ったと彼はまたグーグルが特別な1箱の情報を持っていると言った。

しかしグーグルはこれらの用語についてウェブサイトを除外していないと彼は言った。 ただし、Googleの検索結果には、特定の信頼できる組織からのデータ、重要な情報、コンテンツを強調する特別な要素があります。

これが彼が14:20のマークでこれを言ったときに埋め込まれたビデオです:

English Google Webmaster Central office-hours from April 3, 2020

これが筆記録です:

Googleは一部の健康に関する用語、特にコロナに関連する結果を管理していますか。特定の種類のサイトを除外することによって?はいの場合、他の用語も除外されていないことをどのように確認できますか?
だから私は特に健康用語の周りでサイトを手動で除外しているところは何も知りません。

特に健康の周りでは、人々が検索結果に非常に高い期待を寄せていることを知っています。そのため、私たちが提供する検索結果が可能な限り最高の品質であることを確認するために私たちは一生懸命取り組んでいます。

したがって、フィルター処理する必要があるのはそれほど多くありませんが、アルゴリズムが実際に正しく機能していることを確認する必要があります。そして、どのコンテンツがユーザーに関連するかどうかを判断する優れたアルゴリズムがあれば、それは全体的に意味のあることです。したがって、1つの特定のクエリに対してのみ実行する必要があるわけではなく、これらのアルゴリズムを使用してどこでも使用できます。したがって、誰かが何かを検索しているときはいつでも、検索している内容をよりよく理解し、その検索結果をより適切に表示するためのアルゴリズムが用意されています。

ですから、その観点から言えば、これらの種類の用語のために本当に特別なことをしているわけではありません。たぶん、私たちが検索で持っているさまざまな種類の1つのボックスとは別に、最新の情報を少しだけよく強調しようとしています。しかし、それとは別に、他の方法では検索したくないようなことは何もしているわけではありません。

[広告]おすすめ記事

Youtubeチャンネル

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

SEO漫画「ウェブマブ!」

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com-SEO最新情報サイト , 2020 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述