PR




SEOコンサルタント白石竜次の新作本

【note】SEO・初心者でも無料で検索上位表示する技2020
【SEOマニュアル】『初心者でも無料で検索上位表示できる技』【2020版】
【価格:500円】
SEOコンサルタント白石竜次の新作本。全くのSEO初心者向けの本です!「SEOってなに?」という方にお勧めします。2010年発売の著書をベースに大幅リライトで2020年版にしました。有料で申し訳ありませんが本1冊分の分量でかつ最低限のものにコンパクトにまとめました。

SEO

Googleがクロール中に機械学習を使用する方法は次のとおりです

投稿日:

Googleがクロール中に機械学習を使用する方法は次のとおりです

【Google翻訳】
GoogleのMartinSplittは、Googleが現在本番環境でのクロールに機械学習を使用している可能性がある、または単なる実験である可能性があると述べましたが、検索でのクロールに機械学習を使用する方法は次のとおりです。 彼の知る限り、Google検索でのレンダリングには機械学習は使用されていません。

昨日のGoogleのMartinSplittとのJavaScriptSEOの営業時間に、Googleがクロールまたはレンダリングに機械学習を使用するかどうかをビデオの19:58マークでMartinに尋ねました。 マーティン氏は、グーグルはクロールには向いているが、レンダリングには向いていないと信じていると語った。

Googleはクロールに機械学習をどのように使用していますか? GoogleがURLをクロールする前にURLの品質を予測する方法と、GoogleがURLをクロールする前にURLの鮮度を予測する方法の2つの方法。

品質の予測

グーグルのマーティン・スプリット氏は、「機械学習を使用して、クロールから得られるものを品質の観点から特定または予測していることを知っている」と語った。 彼は、「特定のクロールが発生する前に、どのような品質が得られるかを予測する」ことは興味深いと述べました。 その理由は、グーグルが「よりインテリジェントにクロールをスケジュールする」ことができるからだと彼は言った。

Googleがわざわざリソースを使用して、時間の価値がない可能性のあるURLをクロールする必要がある場合、ページの品質が十分に高くないため、MLが答えようとしている質問です。

鮮度の予測

Martin Splitt氏は、「このWebサイトを毎日スケジュールする必要があること、またはそこにあることを知っているのと同じように、鮮度を予測できる場合も同じことが言えます。毎日これを行わないように指示するシグナルを収集できますか」と述べています。

そのため、Googleは機械学習を使用して、Googleがそれほど多くのデータを持っていないサイト、つまりコンテンツ変更頻度データについてこれを予測できます。

彼は、「しかし、これを本番環境で使用しているのか、これまでのところ実験的なものなのかはわかりません」と明言しました。

開始時に埋め込まれたビデオは次のとおりです。

JavaScript SEO office hours November 11th, 2020

[広告]おすすめ記事

記事執筆/サイト管理者

記事執筆/サイト運営者


名前:白石竜次 Shiraishi Ryuji
肩書:SEOコンサルタント
高校卒業後、調理師を経て数々の職業を経験し、その後IT企業でHTMLおよびSEO対策を学ぶ。
その経験を知識を生かしながら各企業でSEO担当者となりインハウスSEOを行う。
現在ではフリーで様々な企業のSEOコンサルティングを行っている。
2011年11月 「SEO対策<検索上位にヒットする>コレだけ!技(技術評論社)」を出版。
2014年1月「世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(技術評論社)」を出版。
2014年1月「たった30分でできるSEO検索エンジン最適化(秀和システム)」を出版。
2017年 書籍「DeNAと万引きメディアの大罪(宝島社)」に寄稿。


ストアカ

白石 竜次

元お笑い芸人の初心者・中小企業向けSEOセミナー

Youtubeチャンネル

SEOコンサルタント問い合わせ

・SEOコンサルのご依頼
・SEOや誹謗中傷対策のご相談
・講演会・セミナーのご依頼

SEOコンサルタント問い合わせ

-SEO

Copyright© SEOコンサルタント.com , 2021 All Rights Reserved.

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述